天空の覇戦 (2) 本土迎撃戦! (RYU NOVELS)

天空の覇戦 (2) 本土迎撃戦! (RYU NOVELS)

(みんなの評価)

内容

ターボジェット発動機を搭載した震電戦闘機隊。昭和20年、父島監視哨がB29の大編隊を捉えたが、本土を守ることができるか……。

詳細

マリアナ諸島が米軍の手に落ちたことで、本土が焼け野原になるのを阻止するためB29対策が
深刻な問題となった。海軍は空技廠を中心に軍・民・学の総力を集めて、ターボジェット発動機を
搭載した戦闘機開発に邁進。本土防衛の切り札となる震電戦闘機隊が誕生した。
昭和20年2月10日、父島監視哨が100機を超えるB29の大編隊を捉えた。出撃した震電戦闘機隊は
半数のB29を撃墜し、空襲を防ぐことに成功。しかし米軍は日本軍に対抗するため、夜間の無差別攻撃に
踏み切る。日本は本土を守ることができるか……。

詳細情報

  • 出版社経済界
  • ページ数240
  • 発売日2019年03月11日
  • ISBN-104766732693
  • ISBN-139784766732696
  • 価格1,080円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

SF・ホラー・ファンタジーの新刊書籍