怪談実話競作集 怨呪 (竹書房文庫)

怪談実話競作集 怨呪 (竹書房文庫)

(みんなの評価)

内容

怪談実話に新たな語り手三人が登場!父親の実家に預けられた子供が出会う謎の影とその顛末「般若の人」、イナゴ狩り中に纏わり憑かれたモノとは…「綿菓子」。幽霊をどうにかしろという住民の苦情を受ける管理人の気づき「長年の苦情」、夜間に犬の鳴き声がうるさい、その本当の訳「犬が鳴く」。パチンコ屋でいつも会う爺さんの秘密「運の糸」、親から酒を飲むなと言われていた男が飲んだ時…「禁酒」など。

目次

真白圭(般若の人
ベトナム池
綿菓子 ほか)
渋川紀秀(犬が鳴く
アメリカの安宿
長年の苦情 ほか)
葛西俊和(運の糸
見返り
中古家電 ほか)

詳細情報

  • 出版社竹書房
  • ページ数223
  • 発売日2015年07月29日
  • ISBN-104801903894
  • ISBN-139784801903890
  • 価格691円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?