FKB 怪談幽戯 (竹書房文庫)

FKB 怪談幽戯 (竹書房文庫)

(みんなの評価)

内容

新たなFKB怪談実話アンソロジーが発動する。怪談実話として二つの柱「心霊系」そして「狂気系」の恐怖を一冊で堪能してもらおうという平山夢明の新趣向だ。「狂気系」では平山夢明を筆頭に、おなじみのメンバー黒史郎に加え、怖い話が周りにやってくる、引きが強いタレントの徳光正行など、新たな怪談の書き手を一気に投入!-閉鎖空間で出くわす狂気たち「映画館で遭った人」(浅野智哉)、銭湯での親切心が剥がれた時「人情銭湯」(有屋町春)ほか。「心霊系」ではご存じ黒木あるじ、我妻俊樹に加え、官能小説家として活躍中、怪談ものにも定評のある川奈まり子などこちらも平山、一押しのニューフェイスが登場!-便槽の掃除を請け負った男が見たモノ「穴の底」(吉澤有貴)、クリーニングに持ち込まれた異様な臭いの布団「死臭が染み付く」(渋川紀秀)など、新メンバーを含む10名による書き下ろし。「心霊VS狂気」どちらも怖い!

目次

狂気系(黒史郎
浅野智哉
徳光正行
有屋町春
平山夢明)
心霊系(我妻俊樹
渋川紀秀
川奈まり子
吉澤有貴
黒木あるじ)

詳細情報

  • 出版社竹書房
  • ページ数223
  • 発売日2015年03月28日
  • ISBN-104801902375
  • ISBN-139784801902374
  • 価格691円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?