コンピュータサイエンスの本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
18,004件中1〜20件

学び直しのための実用情報数学 (基礎作り)新刊

CQ出版(2019年01月22日発売予定)
  • 三谷政昭

コンピュータシミュレーション(改訂2版)新刊

オーム社(2019年01月19日)
  • 草薙信照
  • 伊藤俊秀
コンピュータシミュレーションに関する最新の内容を、文系学部向けにわかりやすく解説! シミュレーションは、工学・物理学などの理系学部だけでなく、経営や経済問題などにも幅広く用いられており、文科系大学で身につける基礎的な素養になっています。 本書は、文科系学部を主対象としたコンピュータシミュレーションの教科書です。確率分布や乱...

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

オライリージャパン(2019年01月17日)
  • 松浦隼人
  • Mike Julian
今求められる「モダンなモニタリング」を解説 ! なぜモニタリングをする必要があるのか、どこから、どのように始めたらよいのかを起点に各テーマに沿って書かれているため、モニタリングについての深い知識を身につけることができます。

人工知能育成ブック (日経BPパソコンベストムック)

日経BP社(2019年01月17日)
  • 有坂南子
  • 染谷悠一郎
「あなたが育ての親になれる!」 今や、人工知能(AI)についての話題を目にしない日はないほどの人工知能ブームです。 その人工知能プログラムは、「学習」と呼ばれるプロセスを経て、様々な機能を発揮します。 しかし、実際に学習プロセスを体験したことがある人は意外に少ないのではないでしょうか。 また、人工知能プログラムを構成す...

形式的モデル化: 離散事象/実時間/ハイブリッドシステムのモデル化と解析試し読み

森北出版(2019年01月17日)
  • 平石邦彦
ソフトウェアが正しく設計されているかを保証するための手法として,システムを数学的に厳密なモデルで記述し,仕様が満たされているかどうかを数理的に調べる,「形式検証」が注目されている. 本書では,モデル検査に代表されるように,現実のシステムにも適用可能になってきた形式検証を理解し,使いこなすための理論的背景について解説する....

ICTエリアマネジメントが都市を創る—街をバリューアップするビッグデータの利活用

工作舎(2019年01月16日)
  • 川除隆広
真にサスティナブルな都市へ。 ICTによる都市のマネジメントの黎明期にある現在、集積されるビッグデータを人々の暮らしに活かそうと、次世代のまちづくり「ICTエリアマネジメント」が動き始めている。 にぎわう街、被災時にも強く、安全・安心、経済バランスが良く、エネルギーシステムもスマートに……データを利活用した持続成長可能な都...

天然知能 (講談社選書メチエ)

講談社(2019年01月12日)
  • 郡司ペギオ幸夫
一見やさしく書かれていますが、バカにしてはいけません。世界の見方を変えてくれます。――養老孟司(解剖学者)  * AIブームへの正しいカウンター。自然/人工の檻の外へ、知性を解き放つ! AIみたいな人間と人間みたいなAIにあふれる社会への挑戦状。――吉川浩満(文筆家)  * 「考えるな、感じろ」とブルース・リーは言った...

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル

東洋経済新報社(2018年11月23日)
  • 小林啓倫
  • 保科学世
  • ポール・R・ドーアティ
  • H・ジェームズ・ウィルソン
製造、サプライチェーン、会計、R&D、営業、マーケティング  ヒトと人工知能との「協働」が始まる GE、マイクロソフト、BMW、グーグル、アマゾン・・・・・・ 先進企業に学ぶ「これまでと違う仕事」と「これまでと違う仕事のやり方」 AI革命とは「人間の能力を拡張する」ために業務プロセスを根本的に変えることである。 本書...

暗号技術の教科書

ラトルズ(2018年11月22日)
  • 吹田智章
古代から最近までの暗号技術に関する解説書です。 特にネット関係、ブロックチェーン関係、ウイルス関係、量子コンピュータな ど最近あるいはこれからの技術について重点的に解説します。

AIと日本の雇用

日本経済新聞出版社(2018年11月21日)
  • 岩本晃一
●AI(人工知能)、の普及、ロボット化による雇用破壊が注目の的です。オックスフォード大学研究者の「労働人口の47%は代替される」という分析結果が衝撃をもたらし、世界中で雇用の未来に対する懸念が一気に高まりました。だが、それが本当なのか? 本書は、世界にも例がない、企業への広範な調査、先行しているドイツの調査研究などを通じて...

イラストで学ぶ ディープラーニング 改訂第2版 (KS情報科学専門書)

講談社(2018年11月19日)
  • 山下隆義
おお!もう第2版! 深層学習ベストセラーがさらにパワーアップ。リカレントニューラルネットワーク、GAN、深層強化学習の「章」が新たに加わり、ツールの最新事情も反映された。50ページ以上増強されたお得感な一冊!

IoT時代のサイバーセキュリティ―制御システムの脆弱性検知と安全性・堅牢性確保

エヌ・ティー・エス(2018年11月17日)
  • 高橋信
  • 澤田賢治
  • 伊藤寛
  • 新誠一
  • 村瀬一郎
  • 技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)
  • 目黒有輝
  • 市川幸宏
  • 片岡晃
  • 中谷昌幸

AIが人類を支配する日 (人工知能がもたらす8つの未来予想図)

マキノ出版(2018年11月16日)
  • 前野隆司
AIにより社会と生活が大きく変わっていくとき、 私たちはどうすれば幸福になれるのか。 「単純労働がなくなる」「専門職もなくなる」 「格差が拡大する」「日本が負け続ける」 「忙しさが加速する」「ヒトが一番でなくなる」 「永遠に生きねばならない」「人類が滅亡する」 ……予想される8つの未来について ロボット工学者が独自の視点か...

シンギュラリティ (やさしく知りたい先端科学シリーズ3)

創元社(2018年11月14日)
  • 神崎洋治
シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能(AI)が人間の能力を超えることで起こる「技術的特異点」のことをいう。ロボット技術がさらに進化し、大変革が起こって後戻りできない世界に突入すると、人類はどうなるのか――。本書はシンギュラリティの実例と最新の動向をわかりやすい文章と写真・イラストで解説し、近未来に訪れる...

ファインマン計算機科学 (岩波オンデマンドブックス)

岩波書店(2018年11月14日)
  • 中山健
  • 松田和典
  • 原康夫
  • ファインマン
  • A.ヘイ
  • R.アレン

近未来のコア・テクノロジー ニューラルネットワーク、データマイニング、ブロックチェーン、ロボティクス、量子コンピュータが1冊でわかる

翔泳社(2018年10月31日)
  • 三津村直貴
AI、IoT、データサイエンス、仮想通貨…… 新しい社会をつくる基幹技術を理解しよう 【本書の特徴】 ・これからの最重要技術5テーマを1冊で学べる ・各技術の初歩的な解説から、社会やビジネスがどう変わっていくかも検討する 【本書で解説する5つの技術】 1)ニューラルネットワーク:AIブームを牽引する重要技術 2)データ...

未来IT図解 これからのAIビジネス

エムディエヌコーポレーション(2018年10月30日)
  • 谷田部卓

人工知能の経済学:暮らし・働き方・社会はどう変わるのか

ミネルヴァ書房(2018年10月30日)
  • 馬奈木俊介
人工知能(AI)が話題になっている。一方では技術革新がもたらす新たな生活への期待があり、もう一方では従来の仕事がなくなるという不安もあり、どう捉えるべきか難しい課題である。本書では、人工知能の登場が社会にどのようなインパクトを与えており、今後どうなっていくのか、経済学の知見を用いて検証する。自動車の自動運転など、喫緊の課題...