インターネット・eビジネスの本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
11,571件中1〜20件

人工知能と株価資本主義――AI投機は何をもたらすのか新刊

明石書店(2019年01月22日発売予定)
  • 本山美彦
際限なく拡大するIT社会に拍車をかけるAI技術の進歩。GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)をはじめとする巨大IT企業の影響力が増し、株式が巨額の富と巨大な力を揮う「株価資本主義」が到来している。フィンテック、ブロックチェーン、ロボット人材がもたらす未来を金融、貨幣、コンピュータの淵源をたどりながら論じ、...

徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書

インプレス(2019年01月18日)
  • 株式会社ソキウス・ジャパン
  • 鳥谷部昭寛
  • 宮口光平
  • 菖蒲淳司

営業デジタル改革 (日経文庫)

日本経済新聞出版社(2019年01月16日)
  • 角川淳
営業がデジタル化するのは、「顧客がデジタル化」しているから。 はやりに流されない、真のデジタル改革手法を解説! ここ数年、「デジタル化」「デジタルトランスフォーメーション」が話題になっています。 「うちの営業でもデジタルツールを導入するぞ!」とご検討中のみなさま、 ひょっとして以下のようにお考えではないでしょうか。 ...

ソシャゲと王様と私1 (it COMICS)

KADOKAWA(2019年01月15日)
  • 川床たろ
漫画雑誌の編集者・片寄亜子の唯一の楽しみはソシャゲ「エーテルブリンガー」。推しキャラ・ハーキュリーの実装で、爆死の果てにようやくハーキュリーを手に入れるが、なぜかリアルにハーキュリーが現れてしまい!?

ロボットに倫理を教える―モラル・マシーン―

名古屋大学出版会(2019年01月10日)
  • 岡本慎平
  • 久木田水生
  • ウェンデル・ウォラック
  • コリン・アレン
AIやロボットは、果たして道徳的になれるのか? 間近に迫る倫理的な機械の必要性を、哲学的背景も含めて明確に提示。実現に向けた種々の工学的アプローチを概観し、困難ではあるが避けがたい取り組みのこれからを展望する。エンジニアと哲学者を架橋する待望の書。

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

小学館(2018年11月29日)
  • 落合陽一
落合陽一の本史上最も平易!でも深い 「今のような学校教育はいらない」と語るのは、現代の論客といわれるメディアアーティストの落合陽一氏。 「人生100年時代」に本当に必要な教育とは?デジタルネイチャーの時代に身につけておくべきことは?・・・学び方のヒントがわかる“教科書”です。 「学び始めるのに適正年齢はない」ので、...

SEO検定 一問一答 2級対応 2019年版

シーアンドアール研究所(2018年11月27日)
  • 一般社団法人全日本SEO協会

SEO検定 一問一答 3級対応 2019年版

シーアンドアール研究所(2018年11月27日)
  • 一般社団法人全日本SEO協会

Googleオプティマイズによるウェブテストの教科書 ~A/Bテスト、リダイレクトテスト、多変量テストの実際~

マイナビ出版(2018年11月27日)
  • 井水大輔
  • 大柄優太
  • 工藤麻里
  • 瀧里絵
  • 針替健太
  • 松本大河
Googleオプティマイズは、2016年9月にベータ版として公開され、2017年4月に正式版として無償で提供されているウェブテストツール。ウェブサイトを訪れたユーザーを対象に、サイトデザイン、レイアウト、コンテンツなどを複数パターン用意して、どれが優れているかのテストを実施できる。パーツが異なる複数のパターン(AとB、ある...