産業研究の本の一覧

32,684件中1〜20件

中国の地域開発政策の変容 地方主体の展開と実態 (ERINA北東アジア研究叢書)

日本評論社(2019年03月20日)
  • 穆尭芊
2008年から2015年の期間に中国で行われた地域政策を地方主体の地域発展戦略として提起し、その背景、全体像、内容と実態を分析。

鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて

天夢人(2019年03月18日)
  • 「旅と鉄道」編集部

別冊2nd ファッション業界人になる本。

エイ出版社(2019年03月08日)
  • セカンド編集部

日産 独裁経営と権力抗争の末路 ―ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜

さくら舎(2019年03月07日)
  • 有森隆
なぜ歴代トップが独裁、腐敗に陥るのか! 2018年11月、ゴーン逮捕の衝撃が世界中に走った。1999年、ゴーンは日産COOとして瀕死の日産をV字回復させ、カリスマ経営者と絶賛された。著者はゴーン革命が絶賛されていた2004年から、その経営手腕に疑義を呈し実態を書いてきた。また、日産は3人の独裁者(川又克二、塩路一郎、石原...

これから始める原木乾シイタケ栽培 (林業改良普及双書No.192)

全国林業改良普及協会(2019年03月01日)
  • 大分県農林水産研究指導センター 林業研究部きのこグループ

丸太価値最大化を考える 「もったいない」のビジネス化戦略 (林業改良普及双書No.191)

全国林業改良普及協会(2019年03月01日)
  • 遠藤日雄
  • 吉田美佳
  • 全林協

『現代林業』法律相談室 (林業改良普及双書 No.190)

全国林業改良普及協会(2019年03月01日)
  • 北尾哲郎

フェア・ディスクロージャー・ルールブック

きんざい(2019年03月01日)
  • 黒沼悦郎
  • 吉川純
  • 株式会社大和総研

俯瞰図から見える 日本型IoTビジネスモデルの壁と突破口

日刊工業新聞社(2019年02月28日)
  • 大野治
IoT化は確実に進んでいるが、実際の構築では、具体的にどうすればよいのか、どこから手を付ければよいのかと悩んでいる企業は多い。本書は、IoT化が進まないのは何が壁となっているのか、それを打ち破るにはどうすればよいのか等、日本企業が事業のIoT化を推進する際の指針をしめす。

銀行員の逆襲

日本経済新聞出版社(2019年02月23日)
  • 岡内幸策
ボーッと生きてきたわけじゃないだろう!   今こそ自分の価値に目覚めよう  ベストセラーとなった前著『銀行員 大失職』では、銀行の地位低下、金融マンの質の低下、AI、フィンテック、ブロックチェーンなどの進展による業務の変化と、それに伴う銀行員たちの大量失職という問題を取り上げ、最後に、それでも銀行(員)は必要だ、とした。...

アパレル・サバイバル 「買わない、捨てない、シェアする消費者」の心を掴む

日本経済新聞出版社(2019年02月21日)
  • 齊藤孝浩
フリマアプリ、エアークローゼット、ZOZOSUIT……。 買わない、捨てない、シェアすると「消費の形」が大きく変わってきた。 売上を伸ばすために、進化をとげるアパレル業界に迫る! ◆2018年はファストファッションブームから10年目の節目。世界のファッション流通市場はこれまで10年周期で流通革命を繰り替えし、消費市場を牽...

情報メディア白書 2019

ダイヤモンド社(2019年02月21日)
  • 電通メディアイノベーションラボ

鉄道まるわかり003 阪急電鉄のすべて

天夢人(2019年02月16日)
  • 「旅と鉄道」編集部

資金決済法の理論と実務 (勁草法律実務シリーズ)

勁草書房(2019年02月13日)
  • 松嶋隆弘
  • 丸橋透
キャッシュレス化社会の本格到来、仮想通貨の広がり等、複雑化する決済手段を理解する。理論と実務をバランスよく解説する本格書。

すべてのマンションは廃墟になる (イースト新書)

イースト・プレス(2019年02月10日)
  • 榊淳司

制度環境の変化と農協の未来像ー自律への道を切り拓くー

昭和堂(2019年02月08日)
  • 増田佳昭
「改革」をめぐって揺れ動くJA。流通制度の改変も相まって、そのゆくえは揺れ動いている。今、JAの向かうべき方向を問い直す。

企業組織の発展段階を知ろう! ベンチャーの経営変革の障害: 「優れた起業家」が「百年企業の経営者」となるためには

白桃書房(2019年02月08日)
  • 樋口晴彦
こんにちの日本では、ベンチャースピリットはあまり強くないと言われ、国際比較した時の起業率も低いとされている。しかし、特にインターネットの利用やグローバル化が進んだ影響で、起業家によって率いられた革新的な事業が瞬く間に大きな売り上げを上げるようになり、大きな社会的なインパクトを及ぼす企業も目立つようになった。 本書は、その...

ザ・トヨタウェイ サービス業のリーン改革 下

日経BP社(2019年02月07日)
  • 稲垣公夫
  • 成沢俊子
  • ジェフリー・ライカー
  • カーリン・ロス
以下は、ジェフリー・K・ライカー教授の日本語版への序文から引用した。 「トヨタの方法はゲンバで社員に非常に困難な課題に取り組ませながら、コーチングすることだった。上司がコーチとして、毎日部下に挑戦させ、前に駆り立て、実践を通じて学べるように助けた。 トヨタでのオンザジョブ育成とは、部下を仕事の自然環境であるゲンバで育てるこ...