犬の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンル
  • 暮らし・健康・子育て
  • ペット
おすすめコーナー
89件中1〜20件

歎異抄はじめました

本願寺出版社(2018年04月06日)
  • 釈徹宗
  • 大平光代
親鸞聖人の言行録や手紙、その妻・恵信尼公の手紙から見えてくるのは、人生に苦悩する等身大の人間像。宗教学者・釈徹宗氏と弁護士・大平光代氏が、その内実に迫って語り合う。若者たちを交え、『歎異抄』から現代社会の悩みを掘り下げる討論会も収録。

Hello Again またあうときの約束。

マガジンハウス(2018年04月05日)
  • イワサキユキオ
「犬がいてくれると、 毎日が、ぜんぶ思い出になる。」 糸井重里 人気サイト《ほぼ日》で連載され、 最高アクセス数を記録した(2004年当時) 「Say Hello! あのこによろしく。」から十数年。 著者が17年間撮り続けた、 なんでもない日常と「命」の物語。 出産、成長、巣立ち、老い、別れ…。 母犬ルーシー、そ...

聴導犬のなみだ ― 良きパートナーとの感動の物語

プレジデント社(2017年10月28日)
  • 野中圭一郎

犬と私の感動物語 (文庫ぎんが堂)

イースト・プレス(2017年08月10日)
  • (公財)日本動物愛護協会

その犬の歩むところ (文春文庫)

文藝春秋(2017年06月08日)
  • Boston Teran
  • ボストン テラン
  • 田口俊樹
『神は銃弾』で「このミステリーがすごい!」第1位。『音もなく少女は』で「このミステリーがすごい!」第2位。 名匠ボストン・テランが帰ってきた。 犬を愛するすべての人に贈る感涙の傑作。 傷ついた人々のそばに、いつもその犬がいた。 GIV――ギヴ。それがその犬の名だ。その孤独な犬の首輪に刻まれていた三文字だ。傷だらけで、たった...

きみとさいごまで

オークラ出版(2017年05月23日)
  • 小西秀司

南アルプス山岳救助隊K-9 レスキュードッグ・ストーリーズ

山と渓谷社(2017年04月14日)
  • 樋口明雄
標高3193m。日本第二の高峰・北岳。そこに南アルプス山岳救助隊があり、山岳救助犬を伴うK‐9チームがいる。山岳救助、犬との交流、親子の絆のほか、「南アルプス山岳救助隊K‐9」シリーズの転換点となる「相棒(バディ)」、単行本未収録作品「夏のおわりに」を含むバラエティあふれた全12編を収録した本格山岳小説集。

犬がくれた「ありがとう」の涙 ある保護犬ボランティアの手記 (文庫ぎんが堂)

イースト・プレス(2017年02月10日)
  • 篠原淳美
無責任な飼い主に飼育放棄され、痩せ細って体に傷を負ったパグ。権勢症候群によって家族との絆に亀裂が生まれてしまったコーギー。虐待を受けて心を閉ざし、人を恐れるようになった雑種犬。障害を抱えて、次第に感情をも失ってしまったボストン・テリア。保護犬ボランティアを行う著者は、悲しい運命を背負い、心を閉ざしてしまった犬たちと出会う。...

ダックスプンドル、プー太のおはなし

幻冬舎(2016年08月06日)
  • 中尾一惠

夢 -YUMENOSUKE-

双葉社(2016年07月13日)
  • 佐藤美由紀

パピーに会いたい

東京図書出版(2015年11月27日)
  • きむらみちこ
動物にとって幸せな社会は、人間にとっても幸せな社会なはずである。人間と動物が共存するために、地球規模での幸せな社会を作らねばならない。私は何ができるだろう。パピーと暮らしたことで得た何かを人に伝え、今よりももっといい状態で生物が命を繋いでいける社会に貢献できたら、パピーの死を経験したことは、決して無駄にはならないはずだ。

賢い犬の正しいアドバイス: good advice from a good dog

クロニクルブックス・ジャパン(2015年11月18日)
  • RaeDunn
  • レイダン
アメリカ、サンフランシスコ、クロニクルブックス発のお洒落な自己啓発本。ジャック・ラッセル・テリア、ウィルマの母親(飼い主)、セラミックアーティストのレイ・ダンが、長年にわたり、撮りためた写真と、彼女(ウィルマ)から学んだ”賢く生きるコツ”を、かわいらしい1冊の本にまとめたもの。ラブリーな写真と手書き文字の言葉に、心が和みます。

犬のコント (リンダパブリッシャーズの本)

泰文堂(2015年06月17日)
  • 松下アキラ
モモとリンゴ、ときどきネコのユルくて愉快な日常を、おかしくて、かわいくて、シュールなマンガにしてみました。

ドクター・スヌーピーの 犬のきもちがわかる絵本 《バイリンガル版》

復刊ドットコム(2014年12月13日)
  • ドクター・スヌーピー著 チャールズ・M・シュルツ絵 鷺沢萠訳
「親愛なるスヌーピー博士。うちの犬について…」スヌーピーと"犬のきもちを知りたい"人間たちが交わす、126通の手紙。

犬が教えてくれたほんとうに大切なこと。

ディスカヴァー・トゥエンティワン(2014年11月28日)
  • シンシア・L・コープランド
わかっていないときは、わかったふりなんてしなくていい。どんな小さな行動にも意味がある。そこに優しさがあるのなら。求めるものが見つかるまで、掘り続ける。毎日をしあわせに生きるための犬からの贈り物。

犬に贈るラブレター

TOブックス(2014年10月15日)
  • 「動物感謝の手紙コンテスト」事務局
全国から寄せられた、2000通以上の手紙から厳選!愛犬への愛情に満ちた十人十色の涙あふれる真実の物語。

いつも一緒! 100歳じいちゃんとハナ 孫娘の泣き笑い介護日記

辰巳出版(2014年10月03日)
  • まるこ
人気No.1ブログをもとに贈る、愛と涙の絆ストーリー。ありがとう、ハナ…家族を強く結びつけてくれたのは、1匹のマルチーズでした。