一般・投資読み物の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンル
  • 投資・金融・会社経営
  • 一般・投資読み物
おすすめコーナー
3,881件中1〜20件

米中 知られざる「仮想通貨」戦争の内幕新刊

宝島社(2019年01月25日発売予定)
  • 伊藤秀俊
  • 松田学

不動産テック 巨大産業の破壊者たち新刊

日経BP社(2019年01月24日発売予定)
  • 北崎朋希
  • 本間純
市場規模40兆円、100万人超を雇用する国内不動産業界に、ライバルが迫っている。人工知能やブロックチェーン、IoTなどの技術を武器に、旧態依然とした不動産業界に切り込む内外のIT企業の群れだ。 既存勢力と対立や融和を繰り返しながら業界の変革に挑むスタートアップ企業の数は世界で3000社を超え、日本のソフトバンクは10兆円フ...

「通貨」の正体 (集英社新書)

集英社(2019年01月17日)
  • 浜矩子

アメリカ金融仲介システムの動態

文眞堂(2019年01月15日)
  • 神野光指郎
本書は、金融業界における主要なプレーヤーのビジネスモデルがいかに進化してきたかの軌跡をたどることによって、金融仲介システムの長期的な動態を規定するメカニズムの解明を試みるものである。「伝統的銀行業」衰退と、投資銀行によるプリンシパル取引への傾注の背景には、ともに業務の分解による効率性追求があった。

絶対に知られたくない! 不動産屋の儲けの出し方

ぱる出版(2019年01月11日)
  • 斎藤智明
★お客様が知ってはならない「裏のカラクリ」★ 一握りのプロだけが知っている! 不動産投資家をも手玉に取る 巧妙な手口の数々! 儲かる不動産屋は誰も見ていないところで いったい何をやっているのか! ベテラン不動産屋が明かす「業界のウラ話」 業界用語に隠された巧妙な「仕掛け」と「しくみ」 ■不動産屋が儲かる本当...

アジアにおける人的資源管理 (南山大学経営研究叢書)

中央大学出版部(2019年01月10日)
  • コンダカル・ミザナル・ラハマン
本書の第一の特徴は中国、インド、日本、インドネシア、マレーシア、トルコ、タイの7カ国の人的資源管理(HRM)を包括的に取り扱っている数少ない日本語文献である点にある。第二の特徴は、HRMの解釈が国ごとに異なる点を踏まえ、これら各国独自の枠組みに基づいてHRM制度を検討したことである。第三の特徴は、各国のHRM慣用の多様性を...

第2通貨「シルバーマネー」が日本の危機を救うv少子高齢化、社会保障問題の処方箋がここにある!

現代書林(2019年01月10日)
  • 山口克也
日本の地方に将来建設されるべき高齢者地域(シルバーマネー地域)においては強制通用力をもったシルバーマネーが流通し、それが高齢者の相互扶助活動を活性化して、日本の年金、介護、医療問題を解決、引いては少子高齢化を解消します。シルバーマネーで現在よりもより多くの年金を受け取った高齢者は、農業、芸術、スポーツ活動などを楽しむことが...

よくわかるコーポレート・ガバナンス (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)

ミネルヴァ書房(2019年01月07日)
  • 風間信隆
社会環境の変化・複雑化に伴い企業のあり方も多様化する中、規模にかかわらず社会から企業に求められる役割や責任への期待は高く、その範囲も拡大している。いかに不正なく企業価値を高め、企業内部、外部の多くのステークホルダーとの関係を保ち、発展する経営を実現、管理していくか。本書は、企業の存続を図る上で必要不可欠な企業統治にかかわる...

金融情報システム白書〈平成31年版〉

財経詳報社(2019年01月01日)
  • 金融情報システムセンター
  • FISC=

公共IoT-地域を創るIoT投資-

日刊工業新聞社(2018年11月23日)
  • 木通秀樹
  • 井上岳一
  • 井熊均
ソサエティ5.0を実現する教育や介護、防犯・防災など10分野の公共IoTモデルを定義し、システム構造やサービス 内容、効果を検証する。行政/企業がとるべき地域公共IoTビジネス推進の方策をわかりやすく指南する。

元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法

ダイヤモンド社(2018年11月15日)
  • 柴山和久
世界と時間を味方につけて身を守る「資産運用2.0」 お金の価値のとらえ方や、自分を成長させる投資術がわかる1冊

これから仮想通貨の大躍進が始まる!

SBクリエイティブ(2018年11月07日)
  • 北尾吉孝
まもなく、私たちの“お金”に大激変が起こる――。 ビットコイン騒動の水面下で、じつはビットコインよりも衝撃的な、 世界を根本的に変える「仮想通貨革命」が着々と進行しているといわれる。 その革命の最前線に立ち、いま、世界中の金融機関、個人投資家から注目を集めている SBIトップの北尾吉孝氏が「仮想通貨革命」によって 経済と...

投資オンチの女子大生でも1400万円儲かった! 未来の投資術

扶桑社(2018年10月19日)
  • 宮脇咲
◆投資オンチで“普通の”大学生の私にだってできた!◆ 私は都内の大学で社会科学を学んでいる普通の大学生です。 いえ、「でした」といったほうが正確かもしれません。 2017年夏から50万円ほどの元手で仮想通貨に投資をし、 ピーク時には1400 万円ほどになりました。 投資に関しては素人でオンチの私でも、わずか5か月で2...

払ってはいけない 資産を減らす50の悪習慣 (新潮新書)

新潮社(2018年10月16日)
  • 荻原博子
知らない人はバカを見る! 「持病があっても入れる保険」「日本一売れている投資信託」「まとめ買い」――やってはいけない50の無駄遣いを一刀両断! 家族で読みたい資産防衛術、決定版。

地域通貨によるコミュニティ・ドック

専修大学出版局(2018年10月01日)
  • 西部忠