銀行・金融業の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンル
  • 投資・金融・会社経営
  • 銀行・金融業
おすすめコーナー
12,166件中1〜20件

アメリカ金融仲介システムの動態

文眞堂(2019年01月15日)
  • 神野光指郎
本書は、金融業界における主要なプレーヤーのビジネスモデルがいかに進化してきたかの軌跡をたどることによって、金融仲介システムの長期的な動態を規定するメカニズムの解明を試みるものである。「伝統的銀行業」衰退と、投資銀行によるプリンシパル取引への傾注の背景には、ともに業務の分解による効率性追求があった。

認定支援機関実務ハンドブック

きんざい(2019年01月10日)
  • 小寺弘泰

Q&A 新相続法

ビジネス教育出版社(2019年01月10日)
  • 渡邉雅之
施工が迫る新相続法!改正のポイントをやさしく解説。 ・今まで住んでいた自宅に「住み続ける権利」という新しい考え方が登場! ・「急迫の危機を防止」から「必要があると認めるとき」に変更。実務はどう変わる? ・共同相続人の泣き寝入りがなくなる新たな制度とは? ■■主な内容■■ 第1章 なぜ今、相続法は改正されるのか 第2章 ...

お客さま本位のコンサルティングを実現する「聞く技術」

近代セールス社(2019年01月10日)
  • 櫻井弘
  • 三田村宗治
金融機関で投資信託や保険商品の販売に携わる皆さんのために、 お客さまの話を「聞く」ためのスキルを、実践的かつ、わかりやすく解説した一冊です。 金融機関に「顧客本位の業務運営」が改めて求められる今、 お客さまの現状やニーズについてしっかりと話を「聞き」、 そのうえで適切なコンサルティングを行うことは、 投資信託や保険商品...

マンガでわかる 債権法改正と融資管理&回収の実務

近代セールス社(2019年01月10日)
  • 山川直人
  • 宮下正臣
  • 濱田祥雄
新しい債権法(民法)のポイントと、 それを踏まえた債権管理・債権回収の実務が マンガでやさしく学べる一冊です。 全50話のマンガで、事例の設定や問題提起を行い、 それを受けるかたちでテーマごとに実務の解説を行っています。 債権管理・債権回収は、かかわる法律も多く、 とくに若手の行員・職員にとっては、かなり難易度が...

信用組合便覧2018~2019-中企法・協金法四段対照表

きんざい(2019年01月10日)
  • 信用組合研究会

金融情報システム白書〈平成31年版〉

財経詳報社(2019年01月01日)
  • 金融情報システムセンター
  • FISC=

中小企業M&A実務必携 税務編 第2版

きんざい(2018年11月07日)
  • 村木良平

借金はなんとかなった

NextPublishing Authors Press(2018年11月01日)
  • 小泉健三

黒田日銀 超緩和の経済分析

日本経済新聞出版社(2018年10月26日)
    インフレ目標2%は妥当か?呪縛か? 出口戦略をエビデンスから読み解く ■日銀の国債買い入れは80兆円から40兆円に急減、さらに減少のペースは止まらず、金融政策は新たなフェーズに入りつつある。本書は日本を代表する金融・マクロ経済学者たちが黒田日銀の金融政策の効果を実証分析し、これからを展望する。 ■量的緩和、量的・質的緩...

    使える「シート」で競争優位に立つ事業性評価の推進マニュアル

    中央経済社(2018年10月24日)
    • 鍵谷英二
    いまだ迷いや様子見の部分がある事業性評価を,効率よく推進していくための解決策を提示。本書の「事業性評価シート」と「プレゼン資料」のひな型が無料でダウンロードできる。

    デジタルイノベーションと金融システム

    きんざい(2018年10月16日)
    • 木下信行

    銀行員が消える日

    宝島社(2018年10月11日)
    • 山田厚史

    債権法改正Q&A―金融実務の変化に完全対応

    銀行研修社(2018年10月01日)
    • 岩田合同法律事務所
    • 本村健
    • 村上雅哉
    • 佐藤修二
    • 柏木健佑

    債権法改正Q&A―金融実務の変化に完全対応

    銀行研修社(2018年10月01日)
    • 岩田合同法律事務所
    • 本村健
    • 村上雅哉
    • 佐藤修二
    • 柏木健佑

    金融正常化へのジレンマ

    日本経済新聞出版社(2018年08月23日)
    • 岩田一政
    • 左三川郁子
    • 日本経済研究センター
    黒田日銀2期目は出口への道を示せるか? ◆黒田東彦総裁が再任され、2期目5年が始まった。米国、EUが緩和縮小に明らかに舵をきったのと対照的に、日銀は少なくとも表向きには物価目標達成まで異次元緩和継続の旗を降ろしていない。日銀による大量の国債・ETF保有、銀行の業績への影響、景気の過熱感など、様々な影響が現れてくるなかで、...

    失敗しない銀行員の転職

    日本実業出版社(2018年07月20日)
    • 渡部昭彦
    メガバンク大リストラ時代、銀行員が転職市場で有利に働くポイントを多くの事例とともに解説。