会社経営の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
11,148件中1〜20件

改訂2版 最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本新刊

ソーテック社(2019年01月21日発売予定)
  • 吉田秀子
[マイナンバー完全対応! ] 届け出から手続きまで事例からも、書類名からも、引ける!基礎知識も身につく+探していることがスグに見つかるから仕事が早くなる! 社会保険・労働保険の定番として好評をいただきました「改定 最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本」が、働き方改革+マイナン...

まさか!の倒産に保険をかける方法 経営者を守る生命保険の裏ワザ新刊

NextPublishing Authors Press(2019年01月20日発売予定)
  • 資産保全ゼミナール

戦略実行力―バックキャスティング思考で不確実性の時代を勝ち抜く

中央経済社(2019年01月17日)
  • 青嶋 稔
非連続な環境変化の中で日本企業が生き残るには「戦略実行力」が必要。バックキャスティング型の戦略策定により常に時代の先を読み、時代にあわせて変革し続けることが重要。

トヨタの話し合い 最強の現場をつくった聞き方・伝え方のルール

ダイヤモンド社(2019年01月17日)
  • 加藤裕治
トヨタの強さの秘密は「徹底した話し合い」にある。上下関係もなく本質を議論できる企業は どのように運営されているのか?

図解でわかる外注管理 いちばん最初に読む本

アニモ出版(2019年01月17日)
  • 神谷俊彦(編著)
  • 滝沢 悟・野村 純一・景山 洋介
メーカーが製品や商品をつくる場合、すべての部品や材料を自社でまかなうことはできません。そこで、外部から調達することになりますが、外部調達の方法には「購買」と「外注」があり、外注の場合には、自社で仕様や図面を用意し、これに沿って外部から調達しなければなりません。したがって、外注を行なう場合には、外注品や外注先の選定から、外注...

電力労働者のたたかいと歌の力

かもがわ出版(2019年01月11日)
  • 中村 浩爾
  • 田中 幸世

懲戒処分の実務必携Q&A―トラブルを防ぐ有効・適正な処分指針─

民事法研究会(2019年01月09日)
  • 内田靖人
  • 吉永大樹
  • 荒川正嗣
  • 増田陳彦
  • 三上安雄

AI・HRテック対応 人事労務情報管理の法律実務

弘文堂(2019年01月07日)
  • 松尾剛行
●職場のICT化そしてAI・HRテック導入で変わる人事・労務の疑問にこたえる

働き方検定 働き方マスター試験実戦問題集

全日本情報学習振興協会(2019年01月01日)

    労働基準監督機関の役割と是正勧告【新版】

    株式会社日本橋中央労務管理事務所出版部(2019年01月01日)
    • 河野 順一
    • 寺田 知佳子

    働き方改革とこれからの時代の労働法

    商事法務(2018年11月29日)
    • 阿部次郎
    • 西村あさひ法律事務所労働法グループ
    • 宮塚久
    • 菅野百合
    「働き方改革」は政府の最重要政策であるとともに、あらゆる業界・規模の企業において重要な経営課題となっている。本書は、企業が取り組むべき「働き方改革」の内容を幅広くかつ詳細に解説しつつ、日本型雇用システムの変化に伴う「これからの時代」の労働法における問題点を紹介する。

    企業価値を高める経営 投資家との協創が生む持続的成長

    日本経済新聞出版社(2018年11月23日)
      東京証券取引所が毎年実施する「企業価値向上表彰」を元に、企業価値を高める経営の秘訣を明らかに。識者の分析や、大賞企業のケーススタディから実践的に解説。 <セールスポイント> 伊藤邦雄氏(一橋大学大学院教授)、澤上篤人氏(さわかみホールディングス代表取締役)、スコット・キャロン氏(いちごアセットマネジメント社長)ら著名人が寄...

      現代コーポレートガバナンス 戦略・制度・市場

      日本経済新聞出版社(2018年11月21日)
      • 江川雅子
      コーポレート・ガバナンス(企業統治)の向上は20年近く前から叫ばれてきましたが、多くの企業にとって努力目標の域を超えず、株主重視の是非を問う論争に終始するのがほとんどでした。しかし、相次ぐ会社法の改定、コーポレート・ガバナンスコード制定、統合報告書制度などによって、日本企業もこの問題を直視し、体制を作らざるをえなくなってい...

      捨てないパン屋 手を抜くと、よい仕事ができる→お客さんが喜ぶ→自由も増える

      清流出版(2018年11月16日)
      • 田村陽至
      借金を抱えたパン屋を再建、年商2500万円に! 一生懸命つくったパンなのに、売れ残ったパンは、衛生上、廃棄する他ない。 ではどうしたら? パン屋の3代目は、一時お店を閉めてフランス、オーストリアでパン修業し、店を再スタート。 焼いて売っているのは4種類のパン。つくるのは自分だけ、店番は妻一人。 ほどほどに働くので、時間に...

      稲盛イズムの根源を探る―50代の肉声に聞く―

      南方新社(2018年11月12日)
      • 加藤勝美

      中小企業の法務と理論

      中央経済社(2018年11月10日)
      • 山下眞弘
      • 水島郁子
      「中小企業」の法務に焦点を絞り、労働法分野、労働法と会社法が交錯する分野の課題について、研究者・実務家が協働して検討を行ったものです。