宗教の本の一覧

29,909件中1〜20件

ムダなことなどひとつもない(仮) (PHP文庫)新刊

PHP研究所(2019年03月28日発売予定)
  • 酒井雄哉
一日を一生だと思って生きれば、何があっても心は崩れない――千日回峯行を二度満行した稀世の行者が、歩いてつかんだ「人生の知恵」。

李家幽竹 パワースポット温泉

山と渓谷社(2019年03月18日)
  • 李家幽竹

奈良傑作美仏大全

エイ出版社(2019年03月12日)
  • エイ出版社編集部

スウェーデンボルグ、聖書を読む——「預言書」と「詩篇」の神髄

論創社(2019年02月28日)
  • 高橋和夫
  • エマヌエル・スウェーデンボルグ
本書はエマヌエル・スウェーデンボルグの遺稿「預言書と詩篇の内意概要」の全訳である。彼は膨大な科学的・神学的著作を執筆し、神学著作だけでも約30巻に及ぶ。そのうち遺稿のまま残されたものも多く、本訳書も管見する限り本邦初訳である。彼は『天界の秘義』で旧聖書の「創世記」「出エジプト記」の内意を解明しているが、それに続く全章の内意...

現代に語る内村鑑三 ロマ書の研究 下 (いのちのことば社)

いのちのことば社(2019年02月28日)
  • 内村鑑三
  • 佐々木 忍 編訳

ビジネスパーソンのための教養としての世界三大宗教

ディスカヴァー・トゥエンティワン(2019年02月28日)
  • 中村圭志

増補版 禅――ルーツ・現在・未来・世界 (別冊サンガジャパンVol.5)

サンガ(2019年02月25日)
  • 横田南嶺
  • 星飛雄馬
  • 三砂慶明
  • 山下良道
  • シスター・チャイ・ニェム
  • 前野隆司
  • デイビッド・チャドウィック
  • 鈴木包一
  • 井上貫道
  • 細川晋輔
  • 葆光庵丸川春潭
  • 中村龍海
  • 島薗進
  • 荻野淳也
  • 松島倫明
  • 川上全龍
  • 松本紹圭
  • 櫛谷宗則
  • 三木康司
  • 村上光照
  • 野口法蔵
  • 伊吹敦
  • 室矢憲治
  • 奥村正博
  • 宍戸幹央
  • ディディエ・ダヴァン
  • ブラザー・ファップ・トゥー
  • シスター・ラン・ニェム
  • 長井自然

日本におけるイスラーム研究史――中国篇

春風社(2019年02月25日)
  • アリム・トヘテイ
中国イスラーム/ムスリムは日本でどう論じられてきたか? 明治期における研究の萌芽、満州事変を機にした「回民工作」の要請と研究の活発化、戦後の中断を経て、世界イスラームのなかの中国イスラーム研究へ――研究の開始から現代までの研究史を整理・再評価する。

智慧への道 (アチャン・チャー法話集 第三巻)

サンガ(2019年02月25日)
  • アチャン・チャー
  • 出村佳子

Ⅹ知恵文書 (死海文書)

ぷねうま舎(2019年02月25日)
  • 勝村弘也
  • 中川和夫
  • 死海文書翻訳委員会
『知恵文書』=「起こるべきことの秘義」を見据えて。いま、そこにある終  末を生き抜くために、いかにあるべきか。「知恵の教え」。  収録文書=教訓、秘義、知恵の教え、知恵の詩、幸いなる者、邪悪な女の策  略、神の摂理…… ▶ 死海のほとりの洞窟から、聖書を照らす新たな光が放たれた。 ▶ 文書発見から今日に至るまでの校訂・編...

イスラムが効く!

ミシマ社(2019年02月23日)
  • 内藤正典
  • 中田考
国(国家)がなくても大丈夫。 仕事、セクハラ、介護、家族の問題から心の病、世界平和まで… 「イスラムの知恵」が問題だらけの日本を救う! イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でムスリムの中田考先生が語り合う、イスラムの効用。 ・お金も能力もあればあるほど試練 ・夫婦以外の男女は一対一でご飯を食べに行かない...

キリスト教と寛容:中近世の日本とヨーロッパ

慶應義塾大学出版会(2019年02月20日)
  • 浅見雅一
  • 野々瀬浩司
▼宗教改革時代、日本とヨーロッパでキリスト教が異端・異教徒・宗教的マイノリティとどのように共存/排斥したか、歴史的に考察。 宗教改革の時代、キリスト教がいかに他宗教や異文化を認識し、ときに宗教的マイノリティを排斥しつつも、融和を図っていったのかを考察する。第一部は「日本における寛容」、第二部は「ヨーロッパにおける寛容」。

図解 いちばんやさしい三大宗教の本

彩図社(2019年02月19日)
  • 沢辺有司

仏像が好き! 観音像のすべて

エイ出版社(2019年02月16日)
  • エイ出版社編集部

空海散歩 第3巻 たすけあい (単行本)

筑摩書房(2019年02月15日)
  • 白象の会
空海の名言に解説と法話を付す名言法話全集。第3巻は「ささげる」「いやす」「なごむ」「つなぐ」をキーワードに苦界を徐々に離れ気づきをえる過程をたどる。