本・図書館の本の一覧

12,132件中1〜20件

頭の回転が超速くなる!「速読脳トレ」で成功する勉強法(仮)

辰巳出版(2019年03月15日)
  • 呉 真由美
「速読脳トレ」をすることで、脳の回転率を上げて、これまで自分が「できない」と思っていた脳のブレーキを外します。脳の機能がアップすることで、仕事を効率よくこなし、人の表情や場の空気を読むことで人間関係もコントロールし、時間に余裕が生まれることで、「何事も落ち着いて対処できる=欲しい結果を手に入れる」ことができます。 本を速く...

遅読術 (ベスト新書 597)

ベストセラーズ(2019年02月14日)
  • 適菜収
「情報化社会である。多くの人々が最先端の情報を貪欲に追い求めている。会社や学校、町内会などで世間並みの会話についていければいいと、テレビを見たり、新聞、雑誌、本を読む人が多い。しかし、その情報は本当に必要なんでしょうか?   新聞や雑誌を隅々まで読み、世の中に目を配ったつもりになるのはいいことなのか。旧メディアをバカにして...

(166)本をどう読むか: 幸せになる読書術 (ポプラ新書 き 1-1)

ポプラ社(2019年02月08日)
  • 岸見一郎
読書には、人を救い幸福にする力がある 「本を読むことで間違いなく幸せな人生を送ってこられた」 「読書は何にも代えがたい人生の喜び、楽しみである」 大ベストセラー『嫌われる勇気』の著者が「読書」と「生きること」について考えた初の読書論。 哲学書、小説、外国語の原書からアウトプット法、アドラー心理学まで。「本」との関わり...

行く先はいつも名著が教えてくれる

日本実業出版社(2019年02月07日)
  • 秋満吉彦
「100分de名著」のNHKプロデューサーが、愛読する名著を通じて人生と仕事の哲学を披露する

1日が27時間になる! 速読ドリル 徹底理解編

総合法令出版(2019年02月07日)
  • 角田和将

文庫 渡り歩き (草思社文庫)

草思社(2019年02月05日)
  • 岩田宏
せっかく買った本をなぜ読まないのか。 いくたび自問してもなかなか確かな答えは出てこない。 なぜ本を手に入れて読もうとするのか? そもそもなぜ本なのか? それでもひとたび読み始めれば、憑かれたように読みふけってしまう本の引力とは。 劇作家エルマー・ライスの書いた処女小説との邂逅、数十年を経て明らかになったピーター・イベット...

人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)

青春出版社(2019年02月02日)
  • 佐藤優
読書は人生においてどのような役割を果たすのか。本を血肉にするにはどのような読み方をすればいいのか。なぜ読書は人生を豊かにしてくれるのか――。作家、元外交官、教育者、神学者などさまざまな面をもつ著者がはじめて明かす、「読書の哲学」。

これからの本の話をしよう

晶文社(2019年02月01日)
  • 萩野正昭
本は「小さなもの」のためにこそ存在する。その原点を私たちは忘れてしまっているのではないか──。電子出版のためのウェブサービス「Romancer」、ブラウザ型読書システム「BinB」、本のプロモーション支援ツール「Power Thumb」を開発し、片岡義男全著作電子化計画など、数々の画期的な出版プロジェクトに取り組む株式会社...

図書館の日本史 (ライブラリーぶっくす)

勉誠出版(2019年01月31日)
  • 新藤透
図書館はどのように誕生したのか? 歴史上の人物たちはどのように本を楽しみ、収集し、利用したのか? 寄贈・貸出・閲覧はいつから行われていたのか? 古代から現代まで、日本の図書館の歴史をやさしく読み解く、はじめての概説書!

SOMA SAITO 本にまつわるエトセトラ PHOTO BOOK

双葉社(2019年01月23日)
  • 斉藤壮馬
『声優MEN』の人気連載が1冊に! 声優・斉藤壮馬が、テーマに沿ったグラビアと推薦図書を紹介する『本にまつわるエトセトラ』の単行本化。連載未公開写真に加えて、「デート」をテーマに撮り下ろしたフォトストーリー、本にまつわるQ&A100、ロングインタビューなどを収録。

教科書に載った世界史人物800人: 知っておきたい伝記・評伝

日外アソシエーツ(2019年01月19日)
    高等学校の世界史教科書に載った人物を深く知るための伝記ガイド。人物を知るための伝記、評伝、日記、書簡集、資料集など8,393点の図書情報を一覧できる。ハンムラビ王、孔子から、バッハ、キュリー夫妻、タゴール、ピカソ、オバマまで、古代の四大文明から21世紀までの人物を収録。調べ学習や学び直しに。

    大正期『中央公論』『婦人公論』の外来語研究

    冨山房インターナショナル(2019年01月17日)
    • 髙﨑みどり
    大正期の代表的な雑誌の本文と広告から、言葉を抜き出して分析、外来語の生成と発展の過程をたどる言葉の発達史

    1冊読み切る読書術

    ダイヤモンド社(2019年01月17日)
    • 齋藤孝
    「読みたいのに読めない!」 そんな人のための世界一わかりやすい読書の授業

    「すぐやる人」の読書術 (ASUKA BUSINESS)

    明日香出版社(2019年01月16日)
    • 塚本 亮
    行動力のある人は、読書には「行動を加速させる装置」があることに気づいている。すぐに行動に移せる人はどう読書を役立てているのか。「動く」「シェアする」「集める」の3つのやり方を丁寧に紹介し、すぐやる人になるための読書術を、ノートとの連携を紹介しながら教え説く。

    2033年の日本と図書館に向けて

    樹村房(2019年01月11日)
    • 吉井潤