社会・政治の本の一覧

199,841件中1〜20件

公務員弁護士のすべて

第一法規(2018年11月30日)
  • 日本組織内弁護士協会
  • 岡本正
中央省庁、自治体、大学、病院などで活躍する26人の法曹が、実際の経験に基づき多様な視点からその職務内容やキャリアパスを語る、パブリックセクターに活躍の場を求める弁護士に必携の一冊。 ・中央省庁、自治体、大学、病院などのパブリックセクターで活躍する26人の弁護士の経験談を紹介。 ・実際の経験に基づき多様な視点からその職務...

エスタブリッシュメント 彼らはこうして富と権力を独占する

海と月社(2018年11月30日)
  • 依田卓巳
  • オーウェン・ジョーンズ
  • Owen Jones

道路法令総覧 平成31年版

ぎょうせい(2018年11月30日)
  • 道路法令研究会

はいせつケア・リハ

株式会社gene(2018年11月30日)
  • 佐々木淳
  • 浜田きよ子
  • 安西順子
  • 小林篤史
  • 青木芳隆
  • 大関美里
  • 石井洋介
  • 松下太
  • 山下和典
  • 山内なぎさ
  • 青柳澄
  • 太田有美
  • 小林晴名
  • 小林貴代
  • 藤井里香
  • 森田昌
  • 宮崎詩子
失禁が不安で夜中にたびたび起きてしまう、眠れない。 おむつが擦れて痛いけど、はずかしくて悩みを言い出せない……。 「はいせつ」で悩んでいるのは(障害などを抱えている)本人であったり、 介護をしているご家族であったり、看護師や介護福祉士、 福祉用具専門相談員や理学療法士、作業療法士などさまざまですが、 「安心して出せる生活を...

こんなところでつまずかない! 破産事件21のメソッド

第一法規(2018年11月30日)
  • 東京弁護士会 親和全期会
先輩弁護士の経験談を通じて、「破産事件」対応における、若手弁護士がつまずきやすい事柄を示唆し、事前に、注意すべき事柄がわかることで、「破産事件」対応への苦手意識・不安を軽減する一冊。 ○現役弁護士17名による体験談を47個掲載 ○初めて破産事件を扱う際、実務でどのようなことにつまずきやすいかを、現役の先輩弁護士の体験を...

記憶の社会的枠組み

青弓社(2018年11月30日)
  • 鈴木智之
  • モーリス・アルヴァックス
エミール・デュルケムの集合意識論を批判的に継承し、フランス社会学派第2世代の中心を担ったアルヴァックス。近年、海外でも再評価が進むアルヴァックスが1925年に執筆した「記憶の社会学」の嚆矢が本書である。 社会のメンバーがみずからの過去を想起するとき、「記憶の社会的枠組み」がいかに機能するのか、過去の出来事の記憶を社会のメ...

講義 刑法総論

成文堂(2018年11月30日)
  • 関哲夫

ソーシャルワーク記録[改訂版]:理論と技法

誠信書房(2018年11月30日)
  • 小嶋章吾
  • 副田あけみ
ソーシャルワークにとって記録のあり方は、最重要課題の一つである。ソーシャルワーカーのみならず援助職には、正確な記録を効率的・効果的に示し、援助活動へ活かし、適切に管理していく能力が要求されている。改訂版では、学習がしやすいように簡潔な構成に変更し、記録の様式と記入例が拡充されている。記録の作成を学ぶ初学者から中級者、さらに...

官民ですすめる空き家対策―再生と有効利用の成功事例─

第一法規(2018年11月30日)
  • 出井信夫
人口減少社会の到来が確実視される中での空き家問題のあるべき方向・対応策について、自治体の関与の仕方や民間の知恵の活かし方、公共と民間の連携、空き家再生のための資金調達や金融支援手法等、具体的・効果的な施策の提案を行うもの。 ・官民協働により、「壊す」のではなく「使う」ことによる空き家問題の解決を目指す。 ・成功事例から...

改訂版 法律英語の用法・用語

第一法規(2018年11月30日)
  • -
  • 長谷川俊明
国際契約実務にたずさわる企業の法務担当者を対象に、法律英語の難解な表現、冠詞や不定詞の使い方などの細部について、実際の文例を用いてわかりやすく解説した、法律英語の用法・用語辞典。平成18年発刊の初版について、最新の英単語・用法を加え、簡易英和・和英辞典を削除し、法律英語の用法・用語に特化。 ・企業法務、国際金融取引、国際...

軍拡中国に対処する―独裁国家に屈するのか

勉誠出版(2018年11月30日)
  • 矢野義昭
中国「強軍」の三本柱は軍改革、一帯一路、軍民融合。その実態を中国文献に基づき解明。 米中貿易戦争は中露協調・強軍に拍車をかける。 有事の米軍支援は50日後か? 太平洋への閂=尖閣・台湾を守れるか?

虚構国家中国の真実

ビジネス社(2018年11月30日)
  • 宮崎正弘
  • 宮脇淳子

鎌倉資本主義

プレジデント社(2018年11月29日)
  • 柳澤大輔

働き方改革とこれからの時代の労働法

商事法務(2018年11月29日)
  • 阿部次郎
  • 西村あさひ法律事務所労働法グループ
  • 宮塚久
  • 菅野百合
「働き方改革」は政府の最重要政策であるとともに、あらゆる業界・規模の企業において重要な経営課題となっている。本書は、企業が取り組むべき「働き方改革」の内容を幅広くかつ詳細に解説しつつ、日本型雇用システムの変化に伴う「これからの時代」の労働法における問題点を紹介する。

定型約款の実務Q&A

商事法務(2018年11月28日)
  • 村松秀樹
  • 松尾博憲
民法(債権関係)改正によって新設された「定型約款」のルール。今後生起するであろう実務上の問題点を取り上げ、立案の趣旨を踏まえるといかなる解釈が導かれるのか、立案担当者がQ&A形式で示す。旧法下の裁判例がなく、学説上の議論も定まらない現在において、今後の実務のよりどころとなる一冊。

金融商品取引法コンメンタール第1巻 定義・開示制度〔第2版〕

商事法務(2018年11月28日)
  • 神田秀樹
  • 黒沼悦郎
  • 松尾直彦

無子高齢化 出生数ゼロの恐怖

岩波書店(2018年11月28日)
  • 前田正子