社会・政治の本の一覧

200,635件中1〜20件

みんなが欲しかった! 行政書士の5年過去問題集 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)新刊

TAC出版(2019年02月27日発売予定)
  • TAC行政書士講座
行政書士本試験の5年分の本試験問題を、新しい年度順に収録した過去問題集です。平成26年度(2014年度)~平成30年度(2018年度)の本試験問題に法改正を反映させることにより、2019年度の本試験対策に対応しています。 解答解説では、TAC講師陣による解説をベースにしたわかりやすい解説に加えて、問題ごとに出題ポイントを明...

世界の核被災地で起きたこと新刊

原書房(2019年02月27日発売予定)
  • フレッド・ピアス
  • 多賀谷正子
  • 黒河星子
  • 芝瑞紀
人類は核の被害をいかに被ってきたか。ベテランジャーナリストが、福島はもちろん世界各地の事故・被曝現場、放射性廃棄物を抱える地域を取材。原爆以降の人類の核被災の歴史を一望し、いま世界が直面する問題をリアルに説く。

占いをまとう少女たち 雑誌「マイバースデイ」とスピリチュアリティ新刊

青弓社(2019年02月27日発売予定)
  • 橋迫瑞穂
1980年代に少女たちの間で流行した「占い/おまじない」は、現代まで多くの女性から支持されてきた。占いはなぜ女性を引き付けたのか、それは女性にとってどのような役割を果たしてきたのか。 少女向け占い専門雑誌「マイバースデイ」(実業之日本社)を軸に女性誌やファッション誌にも目配りして、1980年代、90年代、2000年代の少...

裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[名誉毀損・プライバシー侵害編]新刊

第一法規(2019年02月27日発売予定)
  • 加藤新太郎
  • 和久田道雄
判例を素材として論点ごとの課題を整理し、裁判実務の現状を明示するとともに、実務において主張に織り込むべき内容に指針を与え、解説。網羅的な学説の紹介、自説の展開を避け、学術的記述を抑え、裁判官の視点から実務に即して解説する。 ○名誉毀損・プライバシー侵害について判断された訴訟をベースに、系統的に整理した項目と設例を作成し、...

別冊商事法務№439 株主総会想定問答集〔2019年版〕新刊

商事法務(2019年02月27日発売予定)
  • 河村貢
  • 河和哲雄
  • 蜂須優二
  • 岡野谷知広
  • 豊泉貫太郎

知識ゼロからの働き方改革で変わる労働法入門新刊

幻冬舎(2019年02月27日発売予定)
  • 萩谷雅和
  • 菅原修

セクハラ・サバイバル (わたしは一人じゃなかった)新刊

三一書房(2019年02月27日発売予定)
  • 佐藤 かおり
15年前、私はセクハラにあいました。派遣社員だった私は、当初、派遣先の上司から受けた執拗なセクハラを何とかうまくかわそうとしました。 生活していくために、仕事を辞めることはできなかったからです。しかし、上司のセクハラは嫌がらせの度合いを増し、パワハラも加わって次第に追い詰められていきした。 やっとの思いで相談した派遣先や派...

パワハラ管理職 指導できない管理職 人事が直面する職場トラブル~ハラスメント個別対応実例集~新刊

第一法規(2019年02月27日発売予定)
  • 樋口ユミ
企業の人事労務担当者が、ハラスメント防止の取組みを進める中で見えてくる、「研修を受けてもハラスメントをしてしまう管理職」がいる一方で、「委縮して必要な指導ができなくなる管理職が出てしまう」という二大問題について、実際に解決に導いた取組み方法を、対応場面別に、理解、実践できる解説書 1.ハラスメント防止に一通り取り組んでき...

別冊商事法務№440 招集通知・議案の記載事例〔2019年版〕新刊

商事法務(2019年02月27日発売予定)
  • プロネクサス ディスクロージャー相談第1部

経済の流行語・論点でたどる平成史新刊

草思社(2019年02月27日発売予定)
  • 浜野崇好
バブル経済の熱狂の中ではじまった平成という時代は、 つねに世相を映すさまざまな経済ワードに彩られています。 消費税、損失補填、就職氷河期、IT革命、郵政民営化、 ブラック企業、格差社会、デフレ、失われた20年、 リーマンショック、アベノミクス、人口減少社会、 チャイナリスク、タワマン、インバウンド、仮想通貨、 長生きリス...

平成31年度 よくわかる 税制改正と実務の徹底対策新刊

日本法令(2019年02月27日発売予定)
  • 平川忠雄
  • 中島孝一
  • 飯塚美幸
  • 市川康明
与党大綱・各省庁資料をベースに平成31年度税制改正のポイントと実務をQ&Aで徹底解説。 ●消費税率引上げへの対応 ●研究開発税制の見直し ●個人事業者の事業用資産に係る納税猶予制度の創設 ●小規模宅地等の特例の厳格化 ●民法(相続法)改正への対応 ●情報照会手続の整備 ほか

弁護士アラタの事件録 精神科医のアドバイスとともにおさえる 離婚相談&受任の心得新刊

第一法規(2019年02月27日発売予定)
  • 田畑淳
  • 森田桂子
新人の新多(アラタ)弁護士を中心としたストーリー仕立ての解説で、離婚事件相談・受任時の依頼者対応のコツをつかむ。精神科専門医が依頼者や相手方のメンタル面についても解説!マニュアル本を読んで抱く、「依頼者に具体的に何をどう言ったらいいの?」という疑問を解決する書籍。 〇新多(アラタ)弁護士と先輩の御幣(ゴヘイ)弁護士を中心...

別冊NBL No.167 わかりやすい国際仲裁の実務新刊

商事法務(2019年02月27日発売予定)
  • 関戸麦
海外展開が急速に進む日本企業にとり、避けては通れない国際仲裁手続。本書は、主要な仲裁機関規則および仲裁法規の比較、仲裁手続と民事訴訟手続の異同等の解説を通して、国際紛争解決の専門家が、国際仲裁手続の流れやポイントとなる局面での対応上の留意点を示した実務で役立つ手引書である。

パチンコ利権 - 瀕死の業界に未来はあるのか? -新刊

ワニブックス(2019年02月27日発売予定)
  • 宇佐美典也

国際取引紛争 第3版新刊

成文堂(2019年02月27日発売予定)
  • 中村達也
国際取引紛争 第3版

不正事例で基礎から学ぶ コーポレートガバナンス新時代の内部統制新刊

第一法規(2019年02月27日発売予定)
  • 青野奈々子
内部監査の新任担当者が、内部統制の考え方や仕組みを理解し、事例を通して多様な企業現場の業務プロセス別の不正防止や不正の発見に効果的なチェックポイントを学ぶことができる基本解説書。 〇内部監査の新任担当者が、内部統制の考え方や仕組みを理解し、事例を通して多様な企業現場の業務プロセス別の不正防止や不正の発見に効果的なチェック...

戦闘機年鑑2019-2020新刊

イカロス出版(2019年02月26日発売予定)
  • 青木謙知

医事刑法入門 (日本比較法研究書翻訳叢書82)新刊

中央大学出版部(2019年02月26日発売予定)
  • 高橋直哉
  • エリック・ヒルゲンドルフ
医事刑法の対象領域は、非常に幅広く、その全体を概観することは容易ではないが、本書は、ドイツにおける医事刑法の現況を正確かつコンパクトにまとめている。一般の読者を想定し、非常にリーダブルな筆致で書かれていることは本書の大きな魅力である。他方、臨死介助のような価値観が鋭く対立する問題については、その対立の淵源に遡った説明が加え...

福島の記憶 3.11で止まった町新刊

旬報社(2019年02月26日発売予定)
  • 飛田 晋秀

商法[総則・商行為]・手形法小切手法 第3版 (伊藤真試験対策講座 8)新刊

弘文堂(2019年02月26日発売予定)
  • 伊藤真
旧版以降の法改正、最新の試験対策に完全対応!