法律の本の一覧

55,093件中1〜20件

労務管理の原則と例外-働き方改革関連法対応-新刊

新日本法規出版(2019年01月22日発売予定)
  • 野口彩子
  • 山本喜一
  • 藤井奏子

最高裁 時の判例Ⅸ〔平成27年~平成29年〕新刊

有斐閣(2019年01月22日発売予定)
  • ジュリスト編集室
月刊ジュリスト「最高裁時の判例」「最高裁大法廷時の判例」欄に収録した解説のうち,平成27年~平成29年にかけて言い渡された判例を対象とした130件を1冊に再収録する。

季刊 刑事弁護97号新刊

現代人文社(2019年01月21日発売予定)
    [特集1:もっと違法を主張しよう!]  本特集の趣旨●南川学  違法捜査を争う―捜査・公判準備編●金岡繁裕  捜査官の反対尋問―基礎編●坂根真也  違法収集証拠排除法則と捜査機関の後行行為●緑大輔  違法収集証拠排除法則に関する近時の裁判例の紹介●南川学  事例報告1:令状請求の疎明資料への虚偽記載を重大な違法と認定した事...

    改訂2版 最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本新刊

    ソーテック社(2019年01月21日発売予定)
    • 吉田秀子
    [マイナンバー完全対応! ] 届け出から手続きまで事例からも、書類名からも、引ける!基礎知識も身につく+探していることがスグに見つかるから仕事が早くなる! 社会保険・労働保険の定番として好評をいただきました「改定 最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本」が、働き方改革+マイナン...

    裁判例に見る知的財産真贋判断新刊

    太陽書房(2019年01月21日発売予定)
    • 高橋岳雄

    新弁護士業務論―警備業・不動産業・隣接士業の適正な活用へ (法動態学講座3)新刊

    信山社(2019年01月21日発売予定)
    • 遠藤直哉
    「法律事件に関する法律事務」を弁護士が独占することを定めた弁護士法72条による弁護士業務とは何か。警備業や不動産管理業などで頻発する、少額大量定型業務と弁護士の関わりや、司法書士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士などのいわゆる隣接士業と弁護士の協働等々、近年拡大する様々な業務提携や法教育について、法動態学の立場から...

    不当利得法理の探究 (学術選書182)新刊

    信山社(2019年01月21日発売予定)
    • 平田健治
    不当利得の意義を根本的に問い直し、将来の法定債権法改正に生かす必読書。債権法改正で、契約の清算(給付利得)にかかわる規定が、民法、消費者契約法、特定商取引法に導入されようとしている中、多当事者間での利得調整の法理とその関連論点を考察し、その意義を根本的に問い直す。

    オーストラリア会社法概説(第2版)新刊

    信山社(2019年01月21日発売予定)
    • 加納寛之
    オーストラリア会社法は、日本では金融商品取引法、破産法等が規定する規制や手続を含み、射程範囲が極めて広い。その全体像のみならず、日豪の用語や概念に絡む細かい権利義務の違いが生む「見えない壁」に注視して実務上の論点を盛り込んだ概説書。2015年1月発効の日豪経済連携協定、同12月の外資買収法、2017年9月のセーフ・ハーバー...

    アメリカの大都市弁護士: その社会構造新刊

    現代人文社(2019年01月21日発売予定)
    • 宮澤節生
    • ジョン・P・ハインツ
    • ロバート・L・ネルソン
    • レベッカ・L・サンデファー
    • エドワード・O・ラウマン
    米国では、かつては独立開業・単独事務所の弁護士が多数であったが、20世紀後半以降、大規模法律事務所の企業弁護士が進出した。同時に、マイノリティや女性の弁護士増加、弁護士業務の専門分化・多様化、大企業顧客の影響力の増大、巨大会計事務所との競争激化など環境が大きく変化していく。こうした変化が弁護士や弁護士界にどのような変化をも...

    司法試験・予備試験 この勉強法がすごい!新刊

    中央経済社(2019年01月19日)
    • 平木太生
    予備試験を一発突破し、司法試験に合格した勉強法45と科目別攻略法を紹介。勉強は努力だけではなく、そのやり方も重要。自分に合う方法が見つかれば司法試験も合格できる!

    弁理士試験 口述試験過去問題集 2019年度新刊

    早稲田経営出版(2019年01月19日)
    • TAC弁理士講座
    本書は、弁理士の口述試験対策を行っている方のために構成された過去問題集です。 口述試験は、以前は“落ちない試験”だといわれてきました。しかし、近年は合格率が低下し、難化傾向にあります。 そのため、筆記試験合格レベルの実力を持った受験生であっても、決して油断のできない試験になってきたといえます。 口述試験で苦戦する一番の...

    改訂版 相続相談標準ハンドブック

    日本法令(2019年01月18日)
    • 奈良恒則
    • 佐藤健一
    • 野口賢次
    • 田中康雅
    近年、相続に関する相談は以前よりも多様化・複雑化し、一人の専門家では対応しきれないケースが増えている。 多くの分野の知識と幅広いネットワークが求められている。 本書は、法律・税金・不動産評価等の専門家が相続実務を行ううえで必要な知識をQ&A形式でわかりやすく解説。 また、平成30年民法(相続法分野)改正や平成31年度税制...

    人権法の現代的課題: ヨーロッパとアジア

    法律文化社(2019年01月18日)
    • 竹村仁美
    • 只野雅人
    • 大藤紀子
    • 中西優美子
    • 實原隆志
    • 渡辺豊
    • フェルディナンド・ヴォッレンシュレーガー
    • ニール・ペーターソン
    • ス-ペイ ファン
    • サラ・デ・ヴィード
    • マティアス・ファンフレブッシュ
    憲法や国際法において人権問題がどのように扱われているのかを深く分析。EU、欧州評議会などのヨーロッパの法制度を概観したうえで、日本を含むアジアの人権問題に目を向ける。EU共通庇護制度、女性への暴力規制、表現の自由など、個別の重要テーマも取り上げる。

    増補版 相続・事業承継・認知症対策のための いちばんわかりやすい家族信託のはなし

    日本法令(2019年01月18日)
    • 川嵜一夫
    • 蟹江乾道
    相続対策、資産および事業承継対策、認知症対策などの分野で大いにその活用が期待されている家族信託(民事信託)を、図やイラストを用いながら 一般の読者向けにわかりやすく解説して好評を博した書籍待望の増補版。 マスコミなどで取り上げられる機会も増え、認知度が増してきた家族信託だが、 家族信託実務の現場では様々な変化が見られてい...

    改訂版 小規模宅地等の特例 適用可否の分岐点

    日本法令(2019年01月18日)
    • 岩下忠吾

    みんなが欲しかった! 行政書士の最重要論点150 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

    TAC出版(2019年01月17日)
    • TAC行政書士講座
    • 神田理生
    行政書士試験は、法令科目が基礎法学・憲法・行政法・民法・商法、一般知識科目が政治経済社会・情報通信・個人情報保護・文章理解です。科目数が少ないように見えても各科目で学習する内容は膨大で、すべての範囲を学習しているのは効率的ではありません。 そこで本書は、試験での出題頻度が高い重要論点のみをまとめた要点整理型テキストです。量...