環境・エコロジーの本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
6,418件中1〜20件

琉球列島の里山誌: おじいとおばあの昔語り

東京大学出版会(2019年01月12日)
  • 盛口満
琉球列島に里山は存在したのか――生物多様性でよく知られる琉球列島には,かつて豊かな里山があった.そこに暮らす人びとはソテツ,アダンなどの植物をはじめ,さまざなな自然資源をたくみに利用していた.島々の多様な里山の姿を聞き取りにより鮮やかに復元した貴重な記録.

人と自然の環境学

東京大学出版会(2019年01月12日)
  • 公益財団法人日本生命財団
環境問題研究の黎明期から助成を続けてきた日本生命財団と,環境学にかかわる多彩な研究分野の第一人者たちが,人と自然のあるべき姿を模索し,持続可能で密接なかかわりを取り戻すための方策を提案する.

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

日経BP社(2019年01月11日)
  • 関美和
  • 上杉周作
  • ハンス・ロスリング
  • オーラ・ロスリング
  • アンナ・ロスリング・ロンランド
ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。 世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。 世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作、...

歴史総合パートナーズ7 3・11後の水俣/MINAMATA

清水書院(2019年01月11日)
  • 小川輝光
教科書で学んだ「公害」は「過去の出来事」と思っていませんか。しかし今、環境問題や「3・11」後のさまざまな課題を考える時、水俣病と公害の歴史は私たちにとって意味のあるものとして現れてきます。水俣病をたどって過去と現在、日本と世界を行き来しながら、私たちの社会をとらえ直します。

国境を越える農民運動 ―世界を変える草の根のダイナミクス (グローバル時代の食と農2)

明石書店(2018年11月20日)
  • ICAS日本語シリーズ監修チーム
  • 舩田クラーセンさやか
  • マーク・エデルマン
  • サトゥルニーノ・ボラス・ジュニア
新自由主義的グローバル化を背景に、国境を越える農民運動はいま新たな様相を帯びている。20世紀初頭から今日にいたるその歴史的・地理的な全景をとらえ、農民運動どうしやNGO、ガバナンス機構など、多様なアクターが織りなす政治的関係を分析する。

持続可能な暮らしと農村開発 ―アプローチの展開と新たな挑戦 (グローバル時代の食と農1)

明石書店(2018年11月20日)
  • 西川芳昭
  • 西川小百合
  • ICAS日本語シリーズ監修チーム
  • イアン・スクーンズ
グローバル化が進む中で我々の食と農をめぐる問題は大きな転換期を迎えている。環境破壊を引き起こさない持続可能な開発を目指すには、どのようなアプローチが必要なのか。歴史的な展開から視野に入れるべき分野まで、開発の基本となる枠組みを概説する入門書。

増補改訂版 知らずに食べていませんか? ネオニコチノイド

高文研(2018年10月30日)
  • 水野玲子
  • ダイオキシン環境ホルモン対策国民会議

環境史入門

岩波書店(2018年10月27日)
  • 村山聡
  • 中村博子
  • J.ドナルド・ヒューズ

北海道小清水 「オホーツクの村」ものがたり: 人工林を原始の森へ 40年の活動誌

平凡社(2018年10月19日)
  • 竹田津実
“キタキツネの獣医”が、1978年に農民たちと始めた、自然環境保全活動。100年の森をつくる――自然と人とのかかわりを問う。

HOPE 都市・企業・市民による気候変動総力戦

ダイヤモンド社(2018年10月18日)
  • 国谷裕子
  • マイケル・ブルームバーグ
  • 大里真理子
  • カール・ポープ
世界的な企業・金融情報会社であるブルームバーグの創業者で、元ニューヨーク市長が、官民両方の視点から導き出した気候変動の問題を解決に導く新しいアプローチ。企業や都市行政、市民活動がどのように取り組めば、国に頼らない解決策が生み出せるか、具体的なヒントが得られる一冊。

農家が消える――自然資源経済論からの提言

みすず書房(2018年10月17日)
  • 山下英俊
  • 寺西俊一
  • 石田信隆
日本人の生存と日本列島を支えてきたなりわい=農家が危機にある。1960年から2015年にかけて、農家戸数は600万戸から200万戸に減少し、作付け面積は半減した。農山村では集落の衰退と里山の荒廃が進む。米国のTPP撤退後も、政権はNAFTA-TPP型の推進と農業の成長産業化・企業化をめざしている。本書は、米国流グローバリズ...

みなまたの木 改訂復刻版

地湧社(2018年10月12日)
  • 原田正純
  • 三枝三七子

環境関連機材カタログ集 2019年版

クリエイト日報(2018年10月12日)
  • 日報ビジネス

地球への恩返し-次世代に委ねた恩返し-

一粒書房(2018年10月11日)
  • 細野隆次

増補改訂 自然と経済から見つめる 北東アジアの環境

梧桐書院(2018年10月11日)
  • 今村弘子
  • 和田直也