実践経営・リーダーシップの本の一覧

28,328件中1〜20件

改訂2版 最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本新刊

ソーテック社(2019年01月21日発売予定)
  • 吉田秀子
[マイナンバー完全対応! ] 届け出から手続きまで事例からも、書類名からも、引ける!基礎知識も身につく+探していることがスグに見つかるから仕事が早くなる! 社会保険・労働保険の定番として好評をいただきました「改定 最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本」が、働き方改革+マイナン...

最新版 M&A実務のすべて

日本実業出版社(2019年01月18日)
  • 松下欣親
  • 北地達明
  • 北爪雅彦
  • 伊藤憲次
さまざまなM&A手法からプロセス、法務・税務・会計の取り扱いまでを網羅した決定版!

M&A 労務デューデリジェンス標準手順書

日本法令(2019年01月18日)
  • 野中健次
  • 人事労務デューデリジェンス研究会
後継者不足が喫緊の問題とされる中、中小企業庁では事業承継の一つの方法として、 M&A(合併、買収)を推奨している。 しかし、M&A取引が成立する過程で、残業代の未払いや社会保険の加入漏れ等の膨大な潜在債務が判明すると、 M&A取引自体がブレイクしてしまうことがある。 そこで、M&A取引成立過程のデューデリジェンス(以下、D...

M&A 人事デューデリジェンス標準手順書

日本法令(2019年01月18日)
  • 野中健次
  • 人事労務デューデリジェンス研究会
後継者不足が喫緊の問題とされる中、中小企業庁では事業承継の一つの方法として、 M&A(合併、買収)を推奨している。 しかし、M&A取引が成立する過程で、残業代の未払いや社会保険の加入漏れ等の膨大な潜在債務が判明すると、 M&A取引自体がブレイクしてしまうことがある。 そこで、M&A取引成立過程のデューデリジェンス(以下、D...

指示ゼロ経営 リーダーが「何もしない」とうまくいく。

株式会社内外出版社(2019年01月18日)
  • 米澤晋也
リーダーががんばればがんばるほど、 チームはバラバラ、メンバーのモチベーションは上がらない、不平・不満だらけ…。 そんなリーダーたちにお伝えしたい、 「何もしない」のに、いつの間にか「最強の自律型組織」になってしまう方法があります。 それが「指示ゼロ経営」です。 これからのリーダーは、 ●指示しなくていい。 ●引っ張...

「一緒にいたい」と思われるリーダーになる。 人を奮い立たせる50の言葉

ダイヤモンド社(2019年01月17日)
  • サイモン・シネック
  • 鈴木義幸
  • こだまともこ
  • イーサン・M・アルドリッジ
リーダーが弱さをさらけ出すと 組織は強くなる。カリスマ性も非凡な才能もいらない。新任マネジャーに贈りたい50の言葉。

世界で活躍するリーダーを目指す君へ

イースト・プレス(2019年01月17日)
  • 杉山定久

改訂増補版 ケース別 株式会社・有限会社の役員変更登記の手続

日本法令(2019年01月15日)
  • 永渕圭一
平成30年3月から、登記申請書に商号のフリガナを記載することとなった。 また、平成26年度以降法務省が進めている休眠会社の整理作業により、 みなし解散の登記がされた会社については、役員変更等の会社の継続の登記を行うか 「まだ事業を廃止していない」旨の届出を行う必要がある。 改訂増補版では、フリガナ記載の追加により申請書の...

新事業承継税制 申請手続きのすべて

日本法令(2019年01月15日)
  • 伊藤千鶴
  • 武笠路弘
複雑な特例の申請手続きの流れが、この1冊ですべてわかる! ●贈与税・相続税の特例承継計画 ●特例経営承継贈与・相続の認定申請 ●贈与税・相続税の申告 ●都道府県知事への年次報告 ●継続届出書の提出 ●雇用確保要件に関する報告書の提出 平成21年に創設された事業承継税制(非上場株式に係る相続税・贈与税の納税猶予)は、 こ...

事業承継M&Aの実務 株式譲渡・事業譲渡・会社分割に係る契約書の逐条解説付き

清文社(2019年01月15日)
  • M&A総合法律事務所
  • 公認会計士佐藤信祐事務所

『新・事業承継税制』徹底解説

清文社(2019年01月15日)
  • 竹内陽一
  • 有田賢臣
  • 伊藤良太

トヨタの新興国適応: 創発による進化

文眞堂(2019年01月15日)
  • 野村俊郎
  • 山本肇
今や世界の自動車市場の過半を占めるまでに急成長した新興国市場。富裕層向けで東南アジアの覇者となったトヨタだが、庶民層向けが重要となるインド、ブラジル市場では「イノベータのジレンマ」に陥っていた。果たしてトヨタは課題を克服し同市場を制覇できるのか?20年以上にわたりトヨタの新興国進出を綿密に調査して来た著者らが、巨大自動車メ...

ソニー&松下 失われたDNA (日経プレミアシリーズ)

日本経済新聞出版社(2019年01月12日)
  • 安西巧
第一線での企業取材を続けてきたジャーナリストが、平成が終わり新しい時代を迎えるタイミングで、この30年間を中心に、ソニーとパナソニックという経営のカリスマが起こした日本を代表する2社を中心に取り上げ、経営トップ、関係者、周辺まで綿密な取材をもとにそれぞれの企業で起こったストーリーを追跡。企業盛衰の分岐点を探っていきます。 ...

この1冊ですべてわかる 新版 コーチングの基本

日本実業出版社(2019年01月12日)
  • 鈴木義幸
  • コーチ・エィ
コーチングは「人材開発」から「組織開発」へ。ベストセラーが最新事例を盛り込んで新版化。

アトツギよ!ベンチャー型事業承継でカベを突き破れ!

中央経済社(2019年01月12日)
  • 忽那 憲治
先代や先々代が営む家業を引き継ぐだけでなく、新たな領域やイノベーションに挑む7社8名のアトツギにインタビューを行い、彼らがいかに事業承継に取り組んでいるかを説く。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

日経BP社(2019年01月11日)
  • 関美和
  • 上杉周作
  • ハンス・ロスリング
  • オーラ・ロスリング
  • アンナ・ロスリング・ロンランド
ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。 世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。 世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作、...

オープンイノベーション成功の法則 大共創時代の幕開け (NextPublishing)

クロスメディア・パブリッシング(2019年01月11日)
  • 中村亜由子

クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む

日経BP社(2019年01月11日)
  • 加藤崇
朽ちゆく全米の水道管は、僕たちが守る! 単身渡米したサムライ起業家、情熱の「1000日戦記」 ロボットベンチャーをグーグルに売り、世界の注目を集めた男、加藤崇。彼は今、アメリカで新たな勝負に挑んでいる。戦場は「水道管」。老朽化が深刻なインフラ保全は急務で、市場規模は100兆円。単身渡米した熱き日本人経営者は、何を目指し、...

働かない働き方。

パブラボ(2019年01月11日)
  • 河本真