文学・評論の本の一覧

231,629件中1〜20件

東京23/奴隷区 (角川ホラー文庫)新刊

KADOKAWA(2019年03月23日発売予定)
  • 岡田伸一
勝負をして負かしたら相手を服従させられるーー他人を奴隷にできる機械を手に入れた男女が、色欲、金、復讐……さまざまな目的のために勝負を繰り返し、お互いを服従させていく。壮絶な騙し合いの果てに笑うのは……。東京を舞台に、頂点を目指す命がけの鬼ごっこが始まる。大人気サバイバルホラー小説、完全補完版!

葵の月 (角川文庫)新刊

KADOKAWA(2019年03月23日発売予定)
  • 梶 よう子
徳川家治の継嗣である家基が、鷹狩の後、突如体調を崩して亡くなった。暗殺が囁かれるなか、側近の書院番が失踪した。その許嫁、そして剣友だった男は、それぞれの思惑を秘め、書院番を探しはじめる──。

ホーンテッド・キャンパス 秋の猫は緋の色 (角川ホラー文庫)新刊

KADOKAWA(2019年03月23日発売予定)
  • ヤマウチ シズ
  • 櫛木理宇
学園祭間近の大学。しかし放火事件が頻発し、現場には必ず、鉢割れの黒猫の幽霊がいるという噂が。折しも泉水の後輩がその猫の飼い主であり、「猫の幽霊がいる喫茶店」を探していると言いだして…。

そして怪物たちは旅立った。時代を創った100人への手紙新刊

CCCメディアハウス(2019年03月23日発売予定)
  • 島地勝彦
開高健、柴田錬三郎から薫陶を受け、80年代には編集長として鋭い嗅覚で時代を切り取り、「週刊プレイボーイ」を100万部にまで育て上げた島地勝彦が、リスペクトする歴史人物たちへ宛てた100通の弔辞。 登場する人物は、アル・カポネからチャーチル、カエサル、シャネル、ヒトラー、ゴッホ、吉田茂、ジョブズなど、偉人、賢人、奇人に悪党ま...

妖奇庵夜話 誰が麒麟を鳴かせるか (角川ホラー文庫)新刊

KADOKAWA(2019年03月23日発売予定)
  • 榎田ユウリ
  • 中村明日美子
都内で起こった偽装自殺殺人事件。被害者は不可解なメッセージを体に刻み息絶えていた。やがて妖人の宗教団体「麒麟の光」が捜査線上に浮かび、休暇で沖縄に滞在していた妖人茶道家の伊織も協力を頼まれ…。

ゆるキャラの恐怖 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3新刊

文藝春秋(2019年03月22日発売予定)
  • 奥泉光
クワコーが帰ってきた! 「日本のジーヴズ」と讃えられるユーモアミステリ不屈のカムバック。次なるミッションは「ゆるキャラ」だ!

シグマフォース シリーズ⑫ スミソニアンの王冠 上(仮) (竹書房文庫)

竹書房(2019年03月20日)
  • ジェームズ・ロリンズ
  • 桑田健

有栖川有栖の密室大図鑑 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)
  • 有栖川有栖
  • 磯田和一
本格ミステリの魅力的な要素のひとつ、密室トリック。犯行状況を思い浮かべたり、作品に挿入されている図版に心躍らせたりする読者の方も多いはず。本書は、1892年~1998年に発表された国内外の名短編、名長編、中でも魅惑的な密室が登場する作品を有栖川有栖がセレクトし、磯田和一の詳細なイラストとともに贈るブックガイドである。発表順...

赤い館の秘密【新訳版】 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)
  • 山田順子
  • A・A・ミルン
長閑な夏の昼下がり、田舎の名士の屋敷、赤い館で銃声が轟いた。死んだのは、15年ぶりに館の主マークを訪ねてきた兄。発見したのは館の管理を任されているマークの従弟と、友人を訪ねてきた青年ギリンガムだった。発見時の状況から当然マークに疑いがかかるが、マークは行方知れず。興味をひかれたギリンガムは、友人をワトスン役に事件を調べ始め...

過ぎ行く風はみどり色【新版】 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)
  • 倉知淳
邪険な扱いしかしなかった亡き妻に謝罪したい――一代で財を成した傑物、方城兵馬の願いを叶えるため、長男の直嗣が連れてきたのはなんと霊媒師。自宅で降霊会を開いて霊魂を呼び寄せようというのだ。霊媒のインチキを暴こうとする超常現象の研究者までもが乱入し騒然とする中、兵馬が密室状態の離れで撲殺される。霊媒は方城家に悪霊が立ち籠めてい...

ビール職人の醸造と推理 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)
  • 越智睦
  • エリー・アレグザンダー
シアトル近郊のレブンワースは、ドイツのバイエルン地方に似た風景が広がる、ビールで有名な小さな町。町で一番のブルワリーを夫とその両親と切り盛りしていたわたしは、平和な日々を過ごしていた――夫マックの浮気が発覚するまでは。わたしは新しくオープンするブルワリーで働くことにする。フルーティーながらもすっきりした後味のビールや、腕に...

人生は美しいことだけ憶えていればいい

PHP研究所(2019年03月20日)
  • 佐藤愛子
楽天的な性格が苦労を呼び、その苦労を何度でも楽天で乗り越えた――ミリオンセラー『九十歳。何がめでたい』著者の元気が出る人生論。

七福神食堂(仮) (マイナビ出版ファン文庫)

マイナビ出版(2019年03月20日)
  • 宮川総一郎(著)
  • alma
浅草にある定食屋で働いている料理人の美緒は、ひょうんなことからあやかしの世にある「福禄寿食堂」で働くことになる。 その食堂にやってくる七福神の悩みやトラブルを店主の弥太郎とともに解決していくオムニバストーリー。

終焉の日 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)
  • 宮崎真紀
  • ビクトル・デル・アルボル
1980年のバルセロナ。弁護士のマリアは、政治捜査に携わっていた警部が情報屋を制裁した殺人未遂事件で、警部を終身刑へ追い込んだことで名声を得た。だが数年後の今、その事件が何者かの陰謀によって仕組まれていたと判明する。マリアは再調査をはじめ、自らの血の桎梏と体制側の恐るべき策略を知る。殺人、偽証、復讐を通して描かれる、抗えな...

巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫)

東京創元社(2019年03月20日)
  • ピーター・ワッツ
  • 嶋田洋一
恒星を巡る、想像を絶する生態の生命体との邂逅を描くヒューゴー賞受賞中編「島」、シャーリイ・ジャクスン賞受賞の驚愕の一人称短編「遊星からの物体Xの回想」、任務遂行のため実験的に意識を与えられた無人軍用ドローンの進化の極限を描く「天使」など、星雲賞受賞作家の真髄を示す傑作ハードSF11編を厳選した、日本オリジナル短編集。

シグマフォース シリーズ⑫ スミソニアンの王冠 下(仮) (竹書房文庫)

竹書房(2019年03月20日)
  • ジェームズ・ロリンズ
  • 桑田健

夜のアポロン

早川書房(2019年03月20日)
  • 日下三蔵
  • 皆川博子
――八時三〇分。俺の炎でお前を焼き尽くす時刻だ……サーカス団の少年は恋人の胸に電極を繋いだ。高慢な太陽神に喩えられた美少年に何が起きたのか。青春の残酷なまでの輝きを映した表題作他、書籍未収録のミステリ中短篇全16篇をセレクトした傑作短篇集。

歴史を応用する力

中央公論新社(2019年03月20日)
  • 宮城谷昌光
中国歴史小説の第一人者が、光武帝と呉漢、項羽と劉邦の生涯をたどりながら、ビジネスや人間関係における考え方のヒントを、具体的に平易な語り口で解説する。伊藤忠元会長、丹羽氏との対談も収録。文庫オリジナル。

彼女に関する十二章

中央公論新社(2019年03月20日)
  • 中島京子
五十歳になっても、人生はいちいち驚くことばっかり―― ミドルエイジを元気にします! くすりと笑わせる上質のユーモアが心地よい、中島京子の長編小説 息子は巣立ち、夫と二人暮らし。会計事務所でパート勤務の宇藤聖子が、ふとしたことで読み始めたのは、六十年前の「女性論」。 一見古めかしい昭和の文士の随筆と、聖子の日々の出来事は不...

マーダーハウス

実業之日本社(2019年03月19日)
  • 五十嵐貴久