評論・文学ガイドの本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
57,977件中1〜20件

90秒の別世界 短歌のとなりの物語

立東舎(2019年03月15日)
  • 千葉聡

国語国文 88巻2号

臨川書店(2019年02月28日)
  • 京都大学文学部国語学国文学研究室
長い歴史を持つ国語学国文学分野の学術雑誌。最新研究成果を掲載する。

中世文学の思想と風土 (新典社研究叢書 308)

新典社(2019年02月22日)
  • 石黒吉次郎

立川談志自伝 狂気ありて (ちくま文庫)

筑摩書房(2019年02月08日)
  • 立川談志
多摩川べりの少年時代、落語へのあふれる熱情、旅の思い出、大事な家族への想い、老いと向き合う姿・・・自ら綴った波乱万丈な人生。解説 松岡慎太郎

種の起源 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

早川書房(2019年02月06日)
  • 丁柚井
  • 姜芳華
26歳のユ・ジンは目覚めると、自宅で母の死体を発見した。時々記憶障害が起こる彼は前夜のことを何も覚えていない。事件、そして自分と家族の間の真実を明らかにするため、3日間の激しい捜索が始まる。心と記憶の謎、母子の関係を探求するサイコ・スリラー!

名作ビジュアル図鑑 2作家・登場人物編

学研プラス(2019年02月05日)
    夏目漱石、森?外、宮澤賢治、アンデルセン、アガサ・クリスティら、古今東西の小説家や、彼らが生み出した有名登場人物の魅力を、イラスト図解で紹介する本。「文豪図解」「主人公年表」「カテゴリー別キャラ大集合」など、ながめて楽しめる記事が満載。

    名作ビジュアル図鑑 1作品編

    学研プラス(2019年02月05日)
      坊っちゃん、赤毛のアン、トム・ソーヤーの冒険などなど、古今東西の名作文学の魅力を、さまざまな切り口のイラスト図解で紹介する本。「名作図解あらすじ」「「名作地図」「数字で見る名作」など、ながめて楽しめる記事が満載。

      書簡集 (2) (西洋古典叢書)

      京都大学学術出版会(2019年02月01日)
      • 田中創
      ローマ帝政後期のギリシア系修辞学教師リバニオスは、アンティオキアに生まれ、アテナイで学んだ後、コンスタンティノポリスなどを経て郷里に戻り、残る生涯を著述と教育に捧げた。有名無名の同時代人たちに宛てた膨大な量の手紙は、後4世紀の東地中海世界について広範な情報を提供する、貴重な史料。人物や年代の同定が、彼の複雑な交友関係を浮か...

      ソフィー、がっこうへいく

      光村教育図書(2019年02月01日)
      • 二宮由紀子
      • アンウィルスドルフ
      • Pat Zietlow Miller
      • Anne Wilsdorf
      • パット・ジトロー ミラー

      名作ビジュアル図鑑 全2巻

      学研プラス(2019年02月01日)
        坊っちゃん、赤毛のアン、トム・ソーヤーの冒険などなど、古今東西の名作文学と作家の魅力を、さまざまな切り口のイラスト図解で紹介する本。「①作品編」「②作家・登場人物」の2巻構成。作品選びのきっかけにもなる、眺めて楽しめる本。

        白居易研究年報 第19号 特集 伝奇と説話 (白居易研究年報 19)

        勉誠出版(2019年01月31日)
        • 白居易研究会
        白居易が生きた中唐の時代は、新しい文学〈伝奇〉が盛行した時代でもあった。そして白居易の周辺には伝奇が横溢していた。また伝奇とならんで、白居易の文学では、王昭君や李夫人・楊貴妃など多くの〈説話〉も重要な題材となっている。 「長恨歌」と「長恨歌伝」に代表される白居易と伝奇の関係をはじめ、白居易と親交のある人々と伝奇、伝奇の先駆...

        国語国文 88巻1号

        臨川書店(2019年01月31日)
        • 京都大学文学部国語学国文学研究室
        長い歴史を持つ国語学国文学分野の学術雑誌。最新研究成果を掲載する。

        その手がおぼえてる

        ビーエル出版(2019年01月29日)
        • 落合恵子
        • エイミー・ベイツ
        • トニー・ジョンストン

        ねずみのモナと最高のおくりもの (ハートウッドホテル)

        童心社(2019年01月28日)
        • 久保陽子
        • 高橋和枝
        • Kallie George
        • ケイリー ジョージ
        ハートウッドホテルでメイドとしてはたらくことになった、ねずみのモナ。冬はお客も少なく静かにすごせるはずでしたが、ウッドチャックの不吉な予言にはじまり、わがまま公爵の来訪、そして食料どろぼうと、冬のホテルもごたごたばかり。おまけに大雪のため、食料の配達がこなくなります。不安と疑惑がひろがるなか、モナとティリーはどろぼうをおっ...

        ガムじいさん、ドロボウはいけないよ!

        小峰書店(2019年01月26日)
        • 石崎洋司
        • デビッド タジィーマン
        • Andy Stanton
        • David Tazzyman
        • アンディ スタントン
        町いちばんのきらわれ者・ガムじいさんは、肉屋のビリー・ウィリアム3世といっしょに、億万長者の〈しょうがパンマン〉からお金を横取りしようと計画する。〈しょうがパンマン〉が開いたパーティの当日、二人は作戦を決行。まんまんと全財産を手に入れるのだが……。悲しみにくれる〈しょうがパンマン〉のために、勇かんな女の子・ポリーと友だちの...

        復讐は恋の始まり (ハーレクイン文庫)

        ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月25日)
        • リングレアム
        • 漆原麗
        部屋の片隅で、リジーは客たちの陰湿な陰口を聞いていた。 私が恋人を死なせたというでたらめを、彼らは信じているのだ。 そんな彼女を遠くから、熱く見つめるひとりの男性がいる。 男の色香を滲ませる、ギリシアの大物実業家、セバステンだ。 乞われるままにダンスを踊り、唇を甘く貪られると、 孤独に耐えかねていたリジーは、彼の屋敷への誘...