歴史・時代小説の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンル
  • 文学・評論
  • 歴史・時代小説
おすすめコーナー
20,337件中1〜20件

葵の月 (角川文庫)

KADOKAWA(2019年03月23日)
  • 梶 よう子
徳川家治の継嗣である家基が、鷹狩の後、突如体調を崩して亡くなった。暗殺が囁かれるなか、側近の書院番が失踪した。その許嫁、そして剣友だった男は、それぞれの思惑を秘め、書院番を探しはじめる──。

風待心中(仮) (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2019年03月10日)
  • 山口恵以子
江戸の町で次々と起こる凄惨な殺人事件、そして驚愕の結末! 男と女、親と子の葛藤が渦巻く、一気読み必至の長編時代ミステリー。

鯖猫長屋ふしぎ草紙(六) (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2019年03月10日)
  • 田牧大和
画描きの拾楽とかかわりの深い同心・掛井が思いがけない一面を見せる。

十手婆 文句あるかい2 お狐奉公 (二見時代小説文庫)

二見書房(2019年02月26日)
  • 和久田正明

入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三) (角川文庫)

KADOKAWA(2019年02月23日)
  • 千野隆司
打ち壊しの危機を乗り越えた大黒屋。角次郎は長く大黒屋を支える番頭の直吉に暖簾分けを考えるも、その矢先、直吉が殺人疑惑で捕まった。直吉を救うため奔走する一同だが、何者かが仕掛けた罠は巧妙で……?

完本 妻は、くノ一(三) 月光値千両/宵闇迫れば (角川文庫)

KADOKAWA(2019年02月23日)
  • 風野真知雄
織江が帰ってきた!! 10年ぶり、特別書き下ろし短編「牢のなかの織江」収録! 妻は夫のため、母は娘のため、命を懸けて“愛”を貫く――。 ついに妻・織江の正体を知った彦馬。 だが彦馬の想いは変わらず、手習い所で子どもたちを教えながら妻との再会を願う。 一方、抜け忍となることを決意した織江の前には、お庭番頭領の川村真一...

はなの味ごよみ にぎり雛 (角川文庫)

KADOKAWA(2019年02月23日)
  • 高田在子
桃の節句の前日、はなの働く一膳飯屋「喜楽屋」に、降りしきる雨のなかやってきた左吉とおゆう。何か思い詰めたような二人は、「卵ふわふわ」を涙ながらに食べた後、礼を言いながら帰っていった。だが、二人の忘れ物に気づいたはなが、追いかけると、そこには川に飛び込もうとする二人が……。はなが事情を聞くと、店を持つために貯めた金を騙し取ら...

表御番医師診療禄13 不治 (角川文庫)

KADOKAWA(2019年02月23日)
  • 上田秀人
将軍の血を絶やさんとする恐るべき敵にたどり着いた、御広敷番医師の矢切良衛。だが敵も、良衛を消そうと、最後の戦いを挑んできた。ついに明らかになる恐るべき陰謀の根源。最後に勝つのは誰なのか。

ナチスから図書館を守った人たち:囚われの司書、詩人、学者の闘い

原書房(2019年02月22日)
  • 羽田詩津子
  • デイヴィッド・フィッシュマン
見つかれば命はない。それでも服の下に隠して守ったのは、食料でも宝石でもなく、本だった。最も激しいホロコーストの地で図書館を運営し、ナチスから本を守ったユダヤ人たちの激闘を描くノンフィクション。

介錯人

光文社(2019年02月19日)

    番付屋新次郎世直し綴り (祥伝社文庫)

    祥伝社(2019年02月14日)
    • 梶よう子

    はないちもんめ 冬の人魚 (祥伝社文庫)

    祥伝社(2019年02月14日)
    • 有馬美季子

    縁の川 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫)

    祥伝社(2019年02月14日)
    • 辻堂魁

    武田勢 京をめざして

    幻冬舎(2019年02月14日)
    • 高野賢彦

    修羅の如く 斬り捨て御免 (祥伝社文庫)

    祥伝社(2019年02月14日)
    • 工藤堅太郎

    白い悲鳴 (祥伝社文庫)

    祥伝社(2019年02月14日)
    • 笹沢左保

    信長の軍師 巻の一 立志編 (祥伝社文庫)

    祥伝社(2019年02月14日)
    • 岩室忍