戯曲・シナリオの本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
3,651件中1〜20件

舞台のうえのジャーナリストたち―ドイツ近代喜劇二篇 (阪南大学翻訳叢書)

晃洋書房(2019年01月30日)
  • 細川裕史
  • シュテファン・シュッツェ
  • グスタフ・フライターク

優秀新人戯曲集2019

ブロンズ新社(2019年01月11日)
  • 劇作家協会
第24回劇作家協会新人戯曲賞に応募された作品の中から、最終候補として選ばれた6作品を完全収録。最終審査員は、川村毅、坂手洋二、マキノノゾミ、平田オリザら7名。

シェイクスピア全集30 ヘンリー五世 (ちくま文庫)

筑摩書房(2019年01月10日)
  • William Shakespeare
  • W.シェイクスピア
  • 松岡和子
『ヘンリー四世』で手に負えない少年だったハル王子が、徳も分別もある王「ヘンリー五世」へと成長し、フランス征服に乗り出す。解説 由井哲哉

【Amazon.co.jp 限定】井上ひさしの演劇

翰林書房(2019年01月01日)
  • 日本近代演劇史研究会

【Amazon.co.jp 限定】岸田國士の世界

翰林書房(2019年01月01日)
  • 日本近代演劇史研究会

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇 (岩波文庫)

岩波書店(2018年11月17日)
  • 三島由紀夫

モノローグ集 穴

論創社(2018年11月05日)
  • 渋谷悠
"39人の、心の、浮遊物。 脚本家、映画監督、舞台演出家として幅広く活躍する渋谷悠、初の戯曲集! 「穴は、とてつもなく大きくなれば、いつか地平線になる」 推薦コメント: モノローグは俳優の実力を丸裸にする。 隠れることも、誤魔化すこともできない。 モノローグに挑むことは俳優にとって最高にスリリングで最高に楽しい。 私...

三文オペラ

共和国(2018年10月20日)
  • Bertolt Brecht
  • ベルトルト ブレヒト
  • 大岡淳
“最悪。マジ最悪。うちの娘の性欲はパンッパンだぞ!” ロンドンの貧民街に暗躍する乞食たちを描き、《ドイツ黄金の20 年代》の光と闇を切り裂いたブレヒト不朽の名作を、気鋭の演出家がキレッキレの日本語で訳しおろす。 クルト・ヴァイルの名曲群がファシズム前夜の都市を照射する、痛快無比の音楽劇! 《東京芸術祭2018》の『野外劇...

朗読劇 線量計が鳴る

而立書房(2018年10月15日)
  • 中村敦夫
ニュースキャスター、政治家、そしてなにより「木枯し紋次郎」として知られる中村敦夫さん。2011年の地震・原発事故以来、現実的な原発の危険性が一般に理解されるにはどうしたら良いのか考えてきました。試行錯誤するうちに思い立ったのが、朗読劇という表現方法。一人で道具を背負い、日本各地で上演しているのが本作「線量計が鳴る」です。東...

秋風羽織の教え 人生は半分、青い。

マガジンハウス(2018年09月06日)
  • 北川悦吏子
  • 秋風羽織
NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で話題沸騰! 人気少女漫画家・秋風羽織先生が初めて語り下ろす! ここでしか読めない「真実の言葉」が満載! 「半分、青い。」でヒロイン・楡野鈴愛の漫画の師匠として登場し、 数々の名言を残した秋風羽織本人を独占・密着取材! ロン毛にサングラスで着物もたしなむ ミステリアスな人気少女漫画家が...

サバイバーズ・ギルト&シェイム/もうひとつの地球の歩き方

論創社(2018年08月22日)
  • 鴻上尚史
"働くこと、生きることに挫けたら−−−−  戦場帰りの男が、母親に「僕、死んじゃったよ」と微笑む所から物語は始まる。戦争に翻弄され、辛うじて生き残った人々が〈生き延びてしまった罪と恥〉と向き合いながら、格闘し、笑い飛ばす、抱腹絶倒の爆笑悲劇! 『サバイバーズ・ギルト&シェイム』 AI開発プロジェクト〈AI天草四郎〉の進行中...

ガイ・ドンヴィル

大阪教育図書(2018年08月10日)
  • ヘンリー・ジェイムズ
  • 水野尚之

サマータイムマシン・ブルース

早川書房(2018年08月07日)
  • 上田誠
エアコンのリモコンを壊してしまい熱さにうだるSF研究会の前に、なんとタイムマシンがあらわれた!? 昨年第61回岸田國士戯曲賞を受賞したヨーロッパ企画・上田誠による、本広克行監督で映画化もされた青春SFコメディの傑作が劇団20周年記念の特別版で登場!

ザ・空気

而立書房(2018年07月30日)
  • 永井愛
人気報道番組の放送数時間前、ある特集の内容について局の上層部から突然の内容変更を命じられ、現場は大混乱に陥る。 編集長の今森やキャスターの来宮は抵抗するが、局内の“空気”は徐々に変わっていき……。公演当時、観客の背筋を凍らせ、「社会派ホラー」と評された問題作、待望の書籍化! 第25回読売演劇大賞最優秀演出家賞、同優秀作品賞...

新訳 オセロー (角川文庫)

KADOKAWA(2018年07月24日)
  • シェイクスピア
  • 河合祥一郎
「死んでもこのままでいてくれるなら、殺してからもおまえを愛するだろう」 ヴェニスの黒人将軍オセローは美しい妻デズデモーナと共にキプロス島に赴任。だが昇格を見送った旗手イアーゴーの恨みを買い、彼の策略でハンカチ一枚の証拠から妻の姦通を信じ、殺してしまう。勇猛なオセローがなぜ愚かにも妻の貞淑を疑ったのか。最大の罠はシェイクスピ...

'17年鑑代表シナリオ集

日本シナリオ作家協会(2018年07月20日)
  • 「年鑑代表シナリオ集」出版委員会

神々の国の首都/漱石とヘルン

彩流社(2018年07月19日)
  • 坂手洋二
【坂手洋二戯曲集】第三回配本! 岸田國士戯曲賞、鶴屋南北戯曲集、読売文学賞、 紀伊國屋演劇賞、朝日舞台芸術賞などを受賞した 現代を代表する作家・坂手洋二の戯曲集! ★ 1冊に2作品収録 ★ 各作品に作家自身による作品解説・創作ノート付き! 多神教と異文化混淆を愛する作家、 小泉八雲=ラフカディオ・ハーンが見た日本を...

戯曲 小鳥女房試し読み

ポット出版プラス(2018年07月04日)
  • 千木良悠子
【DVD付き(図書館ではDVD貸出・提供できます)】 都内のとあるマンションに結婚10年目の夫婦が暮らしている。 妻は自分を「籠の鳥」のように感じ、夫に別離を切り出すが相手にされない。 ある日、同じマンションに住む主婦が、愛人だという17歳の少年を連れてやってきた。 少年は「自分は女性の地位向上を目指す政治活動家だ」と語...