英米文学の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンル
  • 文学・評論
  • 評論・文学研究
  • 外国文学研究
  • 英米文学
おすすめコーナー
36,367件中1〜20件

ふたりママの家で (PRIDE叢書)

サウザンブックス社(2018年11月01日)
  • パトリシア・ポラッコ
  • 中川亜紀子
ふたりのママ&子どもたちの暮らしを描いた、とある一家のにぎやか成長記録 名作絵本を多数手がける絵本作家 パトリシア・ポラッコによる温かみあるイラストも魅力!   うちは、お母さんが2人、子どもが3人の「かぞく」。 でも、特別なんかじゃない。 生まれてすぐのわたしが、どうやってこの家に来たか。 その話になると、ママたちは目を...

クリスマスツリーをかざろう

ビーエル出版(2018年10月27日)
  • なかがわ ちひろ
  • ジャーヴィス
  • パトリシア・トート

みつけてかぞえて どこどこどうぶつ るんるんもりのなか

河出書房新社(2018年10月26日)
  • ガレスルーカス
  • カースティーン ロブソン
  • ルースラッセル
  • Gareth Lucas
  • Ruth Russell
  • Kirsteen Robson
  • 田坂苑子
累計20万部突破、大人気絵さがし本シリーズ。森のなかで、かわいらしい動物たちを見つけたり数えたり。集中して遊べます。

標的:麻薬王エル・チャポ (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2018年10月25日)
  • 棚橋志行
  • アンドルー・ホーガン & ダグラス・センチュリー

みんなだいすきクリスマス

ひさかたチャイルド(2018年10月24日)
  • やまぐちりりこ
  • ステラバゴット
クリスマスプレゼントにぴったりのしかけ絵本。スライドのしかけを指で動かすと、ツリーの灯りが点滅したり、サンタさんが現れたりと絵が動いてクリスマスのできごとに夢中になる。

ねこのピート クリスマスをとどけよう

ひさかたチャイルド(2018年10月24日)
  • ジェームス ディーン
  • エリック リトウィン
  • 大友剛
クリスマスイブに風邪をひいて寝込んでしまったサンタさん。そこでサンタさんの代わりにピートが子どもたちにプレゼントを届けることに。親子で一緒に歌いながら楽しめるポジティブな生き方が魅力の「ねこのピート」シリーズ第5弾。

ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家

西村書店(2018年10月23日)
  • イザベル アルスノー
  • Isabelle Arsenault
  • 河野万里子
  • AmyNovesky
  • エイミー ノヴェスキー
クモが糸をはいて巣を張っていくように、ルイーズ・ブルジョワの母親は、いろいろな糸でタペストリーを修復しました。家には仕事場もあり、のちに世界的な現代アーティストとなるルイーズは、子どものころから、すこしずつ仕事をおぼえていきます。 母と娘の絆、糸や布地と向き合う日々、わたしたちの誰をも深く結びつける思い出というもの――。そ...

くるみ割り人形 (とびだししかけえほん)

大日本絵画(2018年10月22日)
  • 富原まさ江
  • E.T.A. ホフマン
  • ニーコウン
  • Jessica Southwick
  • Neiko Ng
  • Yevgeniya Yeretskaya
  • ジェシカ サウスウィック
  • エフゲニア イエリヤツカヤ
見るもの、聞くもの、におい…なにもかもが特別な日、今日はクリスマス・イブです。 マリーとフリッツの名付け親、ドロッセルマイヤーおじさんが、ふたりにプレゼントを用意していました。 マリーは、くるみ割り人形を受け取り、大喜び。 ところが、フリッツにくるみ割り人形をこわされてしまいます。 あわてたマリーは、こわれた人形を取りもど...

ノマド: 漂流する高齢労働者たち

春秋社(2018年10月22日)
  • 鈴木素子
  • ジェシカ・ブルーダー
2000年代に新しい貧困層が現れた。一見、キャンピングカー好きの気楽なリタイア族。その実、車上生活しながら、若者もひるむ過酷な現場を渡りあるいている人々がいる。多くはリーマンショック後に路上に出た。 彼らはなぜ伝統的なライフスタイルに背を向けたのか? 彼らを必要とする企業の思惑とは? 気鋭のジャーナリストが自ら車上生活をこ...

まさかのハッピーエンド(2) ガラスのくつがはけないシンデレラ?

PHP研究所(2018年10月20日)
  • 烏羽雨
  • 櫛田理絵
  • サラ・ムリノフスキ
『白雪姫』のお話から戻ったアビーとジョナ。鏡の謎を解くために、再度『白雪姫』の世界へ行こうとするが、今度は『シンデレラ』に……!?

クリスマスだよ、デイビッド! (児童図書館・絵本の部屋)

評論社(2018年10月20日)
  • 小川仁央
  • David Shannon
  • デイビッド シャノン
『だめよ、デイビッド!』で大人気のデイビッド。クリスマスには、どんなことをしてるかな? やっぱりママに「だめだめ!」って言われてる! やんちゃなデイビッドといっしょに、楽しいクリスマスを!

ねずみのモナと秘密のドア (ハートウッドホテル)

童心社(2018年10月19日)
  • 久保陽子
  • 高橋和枝
  • ケイリー・ジョージ
親も家もなくしたねずみのモナは、ずっとひとりでくらしてきました。ある嵐の日、森をさまよいたどりついたのは、評判のすてきなホテル。そこでメイドとして働かせてもらうことになったモナですが、メイド長のリスはなぜかモナに冷たくあたります。とまりにくるお客さんも、それぞれ事情や秘密があるようで……。ホテルの生活はトラブル続きですが、...

おばあちゃんのおくりもの

WAVE出版(2018年10月19日)
  • 菊田まりこ
  • サラ・アクトン
  • キャリー・ガラッシュ

ブラック・ハンド―ーアメリカ史上最凶の犯罪結社

早川書房(2018年10月18日)
  • 黒原敏行
  • スティーヴン トールティ
極悪非道の犯罪結社〝ブラック・ハンド〟に、〝イタリア系のシャーロック・ホームズ〟と称えられた名刑事が立ちむかう。二〇世紀初頭アメリカ、アル・カポネ台頭以前のマフィアVS警察を描く迫真のノンフィクション。ディカプリオ主演でハリウッド映画化進行中

そらをひとっとび (ワインドアップでゴー しかけえほん)

大日本絵画(2018年10月18日)
  • みたかよこ
  • ジリアン ドハーティ
  • ステファノ トグネッティ
  • Gillian Doherty
  • Stefano Tognetti
ひこうきにのるのが はじめてのベン。 ベンといっしょに そらの たびをしてみましょう。 ひこうきが いきかう くうこうは どんなところかな? くうこうでは どんなひとが はたらいているのかな? いっしょに ぼうけんしてみよう。 ひこうきの ゼンマイを 注意ぶかくまいて 3つのコースを はしらせて たのしみましょう。

おなじ月をみて

ブロンズ新社(2018年10月17日)
  • 天野健太郎
  • ジミーリャオ
  • Jimmy Liao
国民的絵本作家ジミー・リャオが、ほんとうに表現したかった絵本。ぼくとお父さんは、おなじ月をみていたんだね。ぼくは、まっている。ずっと窓の外をみて、まっている。ぼくのもとへ、ライオン、ゾウ、ツル・・・けがをして弱った動物たちがやってきた。手当てのあとは、動物たちと月をみながらやさしい時間をともにする。そんなある日、ずっとまっ...

ぼくたちのプレゼントはどこ?

好学社(2018年10月17日)
  • 木坂涼
  • リチャード・スキャリー

クマのプーさんとぼく

河出書房新社(2018年10月17日)
  • 小田島雄志
  • A・A・ミルン
  • 小田島若子
  • E・H・シェパード
愛らしい名コンビがうたの国を駆けまわる! 小田島夫妻による名訳、思わずハミングしたくなる詩集。待望の復刊!

音叉

河出書房新社(2018年10月17日)
  • 柴田元幸
  • Edward Gorey
  • エドワード ゴーリー
海へ身を投げた不幸な少女が夢みた切ない物語。地上の家族は浴槽で一人ずつ溺死、最後には誰もいなくなってしまいました……。

クリストファー・ロビンのうた

河出書房新社(2018年10月17日)
  • 小田島雄志
  • A・A・ミルン
  • 小田島若子
  • E・H・シェパード
小さなクリストファー・ロビンへ、〈クマのプーさん〉の生みの親たちがつくった、うたと絵の本。永遠の古典、名訳で復刊!