直木賞の本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンルおすすめコーナー
17,282件中1〜20件

マリコを止めるな!

文藝春秋(2019年03月29日)
  • 林 真理子
引きも切らぬ不倫報道、日大タックル問題、紀州のドン・ファン事件。最先端を斬り続けた唯一無二の人気エッセイ、怒涛の三十二巻!

人生は美しいことだけ憶えていればいい

PHP研究所(2019年03月20日)
  • 佐藤愛子
楽天的な性格が苦労を呼び、その苦労を何度でも楽天で乗り越えた――ミリオンセラー『九十歳。何がめでたい』著者の元気が出る人生論。

夜のアポロン

早川書房(2019年03月20日)
  • 日下三蔵
  • 皆川博子
――八時三〇分。俺の炎でお前を焼き尽くす時刻だ……サーカス団の少年は恋人の胸に電極を繋いだ。高慢な太陽神に喩えられた美少年に何が起きたのか。青春の残酷なまでの輝きを映した表題作他、書籍未収録のミステリ中短篇全16篇をセレクトした傑作短篇集。

歴史を応用する力

中央公論新社(2019年03月20日)
  • 宮城谷昌光
中国歴史小説の第一人者が、光武帝と呉漢、項羽と劉邦の生涯をたどりながら、ビジネスや人間関係における考え方のヒントを、具体的に平易な語り口で解説する。伊藤忠元会長、丹羽氏との対談も収録。文庫オリジナル。

彼女に関する十二章

中央公論新社(2019年03月20日)
  • 中島京子
五十歳になっても、人生はいちいち驚くことばっかり―― ミドルエイジを元気にします! くすりと笑わせる上質のユーモアが心地よい、中島京子の長編小説 息子は巣立ち、夫と二人暮らし。会計事務所でパート勤務の宇藤聖子が、ふとしたことで読み始めたのは、六十年前の「女性論」。 一見古めかしい昭和の文士の随筆と、聖子の日々の出来事は不...

旅立つあなたへ 自分を愛するための20章

毎日新聞出版(2019年03月15日)
  • 五木寛之
「人生百年時代」をどう生きるか。人生の終わりをどう迎えるか。迷う心に光を照らす珠玉の言葉集。

ハムレット殺人事件 (創元クライム・クラブ)

東京創元社(2019年03月11日)
  • 芦原すなお
学生時代の同級生が助けを求める夢を見た――。大学を中退して、突如としてぼくの前から去っていた彼女。あれから数年、その女性・夏日薫は周りを惹きつけてやまない女優として活躍し、ぼくは妻を失いさえない探偵業を細々と続けている。彼女が手がけた最新舞台「ハムレット」。その稽古中、見立て殺人なのか、夏日薫を含む主演者五人が殺し合った!...

ありきたりの痛み (文春文庫)

文藝春秋(2019年03月08日)
  • 東山彰良
直木賞で全選考委員に絶賛された『流』の著者が、愛する映画と音楽のこと、テキーラ、そして台湾の原風景について綴ったエッセイ集。

ローマへ行こう (文春文庫)

文藝春秋(2019年03月08日)
  • 阿刀田高
忘れえぬ記憶の中で、男は、そして女も、生きたい時がある。あれは夢だったのだろうか。大切な人々に思いを馳せる珠玉の十話。収録作品;家族の風景めぐりあいて第三の道文学散歩人ローマへ行こうくちなしの夢鈍色の記憶夢は噓つき赤い月の夜に夢売り解説:内藤麻里子【本書は単行本『アンブラッセ』を文庫化にあたり改題したものです】

冬の光 (文春文庫)

文藝春秋(2019年03月08日)
  • 篠田節子
四国遍路の帰路、冬の海に消えた父。家庭人として企業人として恵まれた人生ではなかったのか……人生の深遠が胸に迫る傑作長編。

下衆の極み (文春文庫)

文藝春秋(2019年03月08日)
  • 林 真理子
週刊文春連載エッセイ第30弾!大河ドラマ「西郷どん」の原作者として、作家活動も新境地に。トランプ大統領、SMAP解散、ゲス不倫、ショーンK問題、小池百合子都知事から母親の介護まで、大騒ぎの世の中を揺るがぬ視点で見つめる。相変わらず”持ってる女・ハヤシマリコ”は健在。柴門ふみさんとの対談「『不倫』はやっぱり文化だ!」も収録。

強力伝: 二十世紀最後の職人の魂 (P+D BOOKS)

小学館(2019年03月07日)
  • 新田次郎
山岳小説の白眉「強力伝」ほか4作の傑作選 男はなぜ180キロもある巨石を背負って白馬山頂を目指したのか……? 徹底的な取材に基づいて実在の人物像に迫り、この無謀な計画がもたらした悲劇と男の友情を描いて“山岳小説の白眉”と称された著者処女作「強力伝」(第34回直木賞受賞作)。 ほかに、極寒の富士山に挑む気象観測官...

ばれてもともと (P+D BOOKS)

小学館(2019年03月07日)
  • 色川武大
人や生き方を独自の視点で描いたエッセイ集 “昭和最後の無頼派”といわれた色川武大が人生のさまざまな局面で得た人生訓の数々を縦横無尽に綴った最後のエッセイ集。 川上宗薫や深沢七郎、フランシス・ベーコンから井上陽水までもが採り上げられ、ほかに、戦争が残した痛ましい傷痕からあぶり出された人生観や犯罪者に同化する複雑怪奇な...

ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)

朝日新聞出版(2019年03月07日)
  • 重松清

続・孤独のすすめ-人生後半戦のための新たな哲学

中央公論新社(2019年03月07日)
  • 五木寛之
なぜ、現代人はこれほどまでに孤独に怯えるのでしょう。多くの人は孤独を寂しいものと捉えているようですが、孤独には圧倒的な自由があるのです。「願はくは 花の下にて 春死なむ」と詠んだ放浪詩人の西行は、まさに孤独と自由が手を携えているような素晴らしい日々を生きたのだから……。30万部の大ベストセラーとなった『孤独のすすめ』(中公...

死にがいを求めて生きているの

中央公論新社(2019年03月07日)
  • 朝井リョウ
誰とも比べなくていい。 そう囁かれたはずの世界は こんなにも苦しい―― 「お前は、価値のある人間なの?」 朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語 植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。 二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは? 毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよ...

かたづの! (単行本)

集英社(2019年03月05日)
  • 中島京子
  • 里中満智子
直木賞作家の歴史小説『かたづの!』を 日本を代表する漫画家が丹念かつ流麗にコミック化! 江戸時代、女性という立場で、清心尼はいかにして 有象無象の敵を前に行き抜いたのか。 「武器を持たない戦い」を信条とする女大名の一代記。 慶長5年(1600年)、角を一本しか持たないカモシカ が、八戸南部氏20代当主である直政の妻・祢...

傲慢と善良

朝日新聞出版(2019年03月05日)
  • 辻村深月

柳橋物語・むかしも今も

新潮社(2019年02月28日)
  • 山本周五郎
本当に好きな人と、慎ましく暮す幸せ。幼い恋心で男との約束を交わしたおせんは、過酷な運命に翻弄される。おせんを愛する幸太は、命をかけて彼女を守り抜く(『柳橋物語』)。周囲の愛情に包まれ何不足なく育ったまきに降りかかった夫の裏切り。密かに慕う直吉は愚直なまでにまきに尽くすが(『むかしも今も』)。一途な愛の行方を描く、下町人情溢...

大好きな町に用がある

スイッチパブリッシング(2019年02月28日)
  • 角田光代