新刊情報(2018年10月)の本の一覧

2,309件中1〜20件

2018年10月01日発売

飲食店の未来をつくる3つの勇気

飲食店の未来をつくる3つの勇気

エーアイ出版(2018年10月01日)
月刊 MASTERS (マスターズ)2018-10月号

月刊 MASTERS (マスターズ)2018-10月号

国際通信社(2018年10月01日)
    第二随筆集 しずり雪

    第二随筆集 しずり雪

    高遠書房(2018年10月01日)
    みぎわの留別

    みぎわの留別

    思潮社(2018年10月01日)この先のことは いま人目かまわず諦めの襤褸をひらめかせ たぎる坩堝にやすやすと呑みこまれていく もうじゅうぶんに おあずけ してもらったよ どこまでもいとしい獣の夏には (「いとしい夏」) 炎と渇き、儘ならぬ此岸を渡り、生の骨肉から滲み出る苦みえぐみを飲みほしたあと待ちうけるのは、いよいよ透きとおった水のほとりか、それとも――生...
    東南アジア市場参入のための流通戦略: 同質化する海外市場とバリュー創出

    東南アジア市場参入のための流通戦略: 同質化する海外市場とバリュー創出

    白桃書房(2018年10月01日)東南アジア諸国は経済発展も目覚ましく、また、親日的でもあり、進出を考える日本の消費財企業も多い。しかしながら、各国の市場では「華人系地場財閥企業」と「欧米系外資企業」による製品が席巻するのみならず流通も支配しているため、撤退してしまう企業も極めて多い。 このような状況の下、2004年から食品製造業を中心に、東南アジアにおける日本企...
    人体実験の哲学――「卑しい体」がつくる医学、技術、権力の歴史

    人体実験の哲学――「卑しい体」がつくる医学、技術、権力の歴史

    明石書店(2018年10月01日)人体実験に供与される運命にあった人々は、死刑宣告を受けた者、懲役中の者、獄につながれた者、孤児、娼婦、植民地住民、瀕死の病人であり、その境界性には常に道徳的言説が用意されていた。 18世紀から19世紀までのフランスにおける「生きた人体の医学的実験への供与システム」を政治思想史、医学史の両分野から描き出すと同時に、フーコーの時代の記憶...
    権力(力)への意志論

    権力(力)への意志論

    創栄出版(2018年10月01日)
    ちょっとやそっとじゃ「凹まない」技術 (王様文庫)

    ちょっとやそっとじゃ「凹まない」技術 (王様文庫)

    三笠書房(2018年10月01日)◎グサリとくるひと言、面倒くさい人、思い通りにいかないアレコレ……  仕事中のイライラ、人間関係のモヤモヤも全部まとめて解決します! ストレスに敏感でも、弱さがあってもいいのです。大切なのは、感情を上手にコントロールし、凹(へこ)まない“テクニック”を身につけること――。 本書では「凹みやすい人」が直面する代表的な悩みに、人気精神...
    永田町・霞が関とマスコミに巣食うクズなんてゴミ箱へ捨てろ!

    永田町・霞が関とマスコミに巣食うクズなんてゴミ箱へ捨てろ!

    祥伝社(2018年10月01日)永田町・霞ヶ関とマスコミのクズなんてゴミ箱に捨てろ!
    神秘詩篇 宇宙は汝の内にあり

    神秘詩篇 宇宙は汝の内にあり

    ブイツーソリューション(2018年10月01日)