歴史・時代小説の新刊情報(2019年02月)の本の一覧

ジャンル
  • 文学・評論
  • 歴史・時代小説
おすすめコーナー
39件中1〜20件

2019年02月01日発売

忠義に死す 島津豊久

忠義に死す 島津豊久

KADOKAWA(2019年02月01日)関ヶ原の戦いで異彩を放つ、義の星── 慶長5年、関ヶ原の戦いで退路を断たれた島津勢は、絶体絶命の窮地にあった。もはや敵陣突破のみが最後の手段となった時、その先鋒にたつ男がいた。その男の名は、島津中務大輔豊久。後に島津を救った男として語られる者の、知られざる半生が、いま明かされる。
菊一文字

菊一文字

第三文明社(2019年02月01日)
柳生石舟斎

柳生石舟斎

第三文明社(2019年02月01日)
篝火の女

篝火の女

第三文明社(2019年02月01日)

2019年02月07日発売

千里の向こう

千里の向こう

文藝春秋(2019年02月07日)坂本龍馬は中岡慎太郎のことを以下のように評したという。「私は中岡と共に様々な策を講じたが、いつも意見が合わないことが悩みだった。しかし、私にとってはこの男でなくては、共に事をなせるような者はいない」坂本龍馬とともに暗殺された男、中岡慎太郎。彼はいったい何者だったのか。土佐藩の山間の小さな村の庄屋の家に生まれた光次(のちの慎太郎)は、...
明治・金色キタン (朝日文庫)

明治・金色キタン (朝日文庫)

朝日新聞出版(2019年02月07日)【文学/日本文学小説】東京銀座に勤める巡査の名コンビ・滝と原田。女学生美人くらべの 末や正体不明の石、競馬場での人殺しと日々さまざまな謎の解決に奔走するこの二人、何やら人ならざるものの気配を見せることがあって……!? ドキドキ、時に背筋がひやり、不思議がいっぱいの連作ミステリー。

2019年02月08日発売

本所おけら長屋(十二) (PHP文芸文庫)

本所おけら長屋(十二) (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2019年02月08日)泥棒が「おけら長屋」に忍び込んだ!? それを知った長屋の女たちは、男衆に内緒であることを企むが……。笑いと涙の人気シリーズ最新巻。
鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)

鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)

文藝春秋(2019年02月08日)駿太郎は亡き両親の想いを胸に、丹波篠山へ――。親子の情に心打たれる、書き下ろし第13弾!文政8年秋。小籐次、おりょう、駿太郎の一家3人は、老中青山忠裕の勧めもあって、青山の国元であり駿太郎の生まれ故郷である丹波篠山へと旅立つ。一方、小籐次不在の江戸では、ヒマを持て余した空蔵が久慈屋をけしかけ、手代の国三が小籐次と駿太郎の紙人形を制作...
陽炎ノ辻 居眠り磐音(一) 決定版 (文春文庫)

陽炎ノ辻 居眠り磐音(一) 決定版 (文春文庫)

文藝春秋(2019年02月08日)平成を代表する人気時代小説〈決定版〉刊行開始!佐伯泰英さんの代表作「居眠り磐音」。全51巻の〈決定版〉の刊行が始まります。第一巻『陽炎の辻』は、豊後関前藩の若き武士3人が、国許へと帰参するシーンから始まります。その夜、3人が直面した思いもよらなかった運命。そして、浪々の身となった坂崎磐音は江戸・深川で長屋暮らしを始めます。平成でもっ...

2019年02月13日発売

迷い熊阻む-長屋道場騒動記(3) (双葉文庫)

迷い熊阻む-長屋道場騒動記(3) (双葉文庫)

双葉社(2019年02月13日)お君を狙う旗本の嫡男の企てを阻むなかで北辰一刀流玄武館の千葉周作と栄次郎父子と知己を得た生馬。玄武館では客分として遇され、間野道場の道場主でありながら北辰一刀流を学ぶことを許されるなど、剣士として充実の日々を過ごしていた。一方、無事普請が終わり、道場から長屋に住まいを移した面々に、思わぬ危難が降りかかる――。心優しき巨躯の剣士「迷い...
隠居の初恋-新・知らぬが半兵衛手控帖(7) (双葉文庫)

隠居の初恋-新・知らぬが半兵衛手控帖(7) (双葉文庫)

双葉社(2019年02月13日)北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛は吟味方与力・大久保忠左衛門に、忠左衛門の友、村上左兵衛が年甲斐もなく、女子に懸想していないか見定めるよう頼まれる。御家人の後家で、今は茶之湯の師匠をしている榎本園江のもとを、左兵衛は頻繁に訪れているようだ。二人は、薬種問屋で毒薬を求めるなどの動きを見せるが……。知らん顔の旦那の、粋な人情裁きが大好...
伏魔-おいらん若君 徳川竜之進(3) (双葉文庫)

伏魔-おいらん若君 徳川竜之進(3) (双葉文庫)

双葉社(2019年02月13日)春を彩る初午、吉原の稲荷も商売繁昌を願う遊女や客で大賑わい。なかでも紅白梅の打掛で現れた篝火花魁の艶姿は見物人を蕩けさせる。だがその正体は、廓に匿われし尾張の御落胤、徳川竜之進! 隠し隧道から市中に抜けた竜之進は謎の医者駕籠、さらには美女の神隠しの噂に胸騒ぎを覚える。そんなさなか、喧嘩友達である読売屋の楓が怪しい男に襲われる。忍び寄...