SF・ホラー・ファンタジーの新刊情報(2018年10月)の本の一覧

ジャンル
  • 文学・評論
  • SF・ホラー・ファンタジー
おすすめコーナー
42件中1〜20件

2018年10月01日発売

小説本『廉価版 メアリー人形』

小説本『廉価版 メアリー人形』

† 三日月少女革命 †(2018年10月01日)

2018年10月04日発売

われらはレギオン 3: 太陽系最終大戦 (ハヤカワ文庫SF)

われらはレギオン 3: 太陽系最終大戦 (ハヤカワ文庫SF)

早川書房(2018年10月04日)強大なアザーズ艦隊がついに太陽系を襲う!地球に残された人類を守るために、五百体のボブが集結し、怖るべき敵を迎え撃つが……

2018年10月05日発売

仕掛け絵本の少女 (小学館文庫)

仕掛け絵本の少女 (小学館文庫)試し読み

小学館(2018年10月05日)絵本から飛び出した少女は錬金術師の末裔! 女子中学生の小寺音々は、一学期の終わりの日曜日、近所の神社で開かれていたフリーマーケットで、うっかりお目当ての本と間違えて、一冊の古い絵本を買ってしまった。タイトルは『仕掛け絵本の少女カイ』。ひらくとレトロな洋館が飛び出す、まさに『仕掛け絵本』なのだった。しかもこの本、古書店に売り払...

2018年10月06日発売

月夜見エクリプス (文芸書)

月夜見エクリプス (文芸書)

徳間書店(2018年10月06日)商店街からの依頼で、街で迷惑・暴力を働く奴らを懲らしめているタツヤ。ある日、奴らに襲われていた美少年ミナミを助けた。名門校に通うミナミと街の自警団として生きるタツヤでは、育ちや環境も違うが、二人は惹かれ会う。しかし、突然ミナミが失踪する。行方を捜すと、彼は新興宗教の教祖の弟だった。おまけに兄と妹が企む怪しげな計画の犠牲に……。 耽美...

2018年10月07日発売

ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人 1 (レジェンドノベルス)

ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人 1 (レジェンドノベルス)

講談社(2018年10月07日)迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。それは、迷宮探索及び攻略を目指す冒険者たちの手助け――道案内兼荷物持ちを生業とする者たちの総称である。  タイロス迷宮でシェルパとして活動しているロウは、若いながらも腕利きとして高い評価を受けていた。  ある日、都で勇名を馳せている勇者のパーティ“宵闇の剣”が迷宮の攻略にあたることになり、ロウ...
女王陛下の異世界戦略 1 (レジェンドノベルス)

女王陛下の異世界戦略 1 (レジェンドノベルス)

講談社(2018年10月07日)とあるリアルタイム・ストラテジーゲームで、悪の属性である陣営「アラクネア」を好んで使用していた主人公の女子大生。ある日、自分がゲームの中にそっくりな異世界にいることに気付く。しかも身体は14歳程度に若返っていた。加えて、ゲームとはやや異なる部分があるものの、ゲームのプレイ内容と同じようにアラクネアを率いる立場にいた。 配下の蟲――ス...

2018年10月08日発売

2018年10月10日発売

2018年10月11日発売

六つの航跡〈上〉 (創元SF文庫)

六つの航跡〈上〉 (創元SF文庫)

東京創元社(2018年10月11日)クローンとして蘇った彼らが最初に目にしたのは、自らの死体だった――。恒星間移民船内で唯一目覚めていた乗組員6人が全員他殺される。蘇った彼らは、地球出発後25年間の記憶を消されていた。しかも船のAIも改竄され、再復活は不可能に。全員が他人に明かせない秘密を抱える彼らは真相を求め、自分さえも疑いつつ、クローニングと記憶操作技術を巡る過去...
六つの航跡〈下〉 (創元SF文庫)

六つの航跡〈下〉 (創元SF文庫)

東京創元社(2018年10月11日)虚空を突き進む恒星間移民船内で起こった殺人事件。新たなクローン化が不可能となり、死んだら二度と復活できない緊迫した状況で、次第に明らかになってゆく乗組員たちの過去。それはクローニングと記憶操作を用いた生命延長技術を巡る、数世紀におよぶ人間とクローンの対立の歴史でもあった。はたして彼らは真犯人と真相を突き止め、目的の惑星にたどり着くこ...
白の王

白の王

東京創元社(2018年10月11日)廃墟の塔が林立する“塔の森”。孤児たちは、塔に棲む魔鳥が盗んできたものを集めて暮らしていた。あるとき彼らのもとに、魔鳥に盗まれた宝石を取り戻して欲しいという男タスランがやってくる。孤児のひとりアイシャが宝石を見つけたものの魔鳥の攻撃で塔から墜落、気がついた時には宝石は彼女の胸に嵌まっていた。宝石をえぐり出すわけにもいかず、アイシャは...