SF・ホラー・ファンタジーの本の一覧

タイトル,著者で絞り込む
ジャンル
  • 文学・評論
  • SF・ホラー・ファンタジー
おすすめコーナー
15,398件中1〜20件
巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫)

巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫)新刊

東京創元社(2019年03月20日発売予定)恒星を巡る、想像を絶する生態の生命体との邂逅を描くヒューゴー賞受賞中編「島」、シャーリイ・ジャクスン賞受賞の驚愕の一人称短編「遊星からの物体Xの回想」、任務遂行のため実験的に意識を与えられた無人軍用ドローンの進化の極限を描く「天使」など、星雲賞受賞作家の真髄を示す傑作ハードSF11編を厳選した、日本オリジナル短編集。
砂糖の空から落ちてきた少女 (創元推理文庫)

砂糖の空から落ちてきた少女 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月11日)ここはウサギ穴に落ちたり、鏡をくぐり抜けたりして異世界へ行き、帰ってきたものの、現実世界に適応できない子供たちに救いの手をさしのべる学校。ある日学校に空から少女が降ってきた。彼女は、スミの娘と名乗る。だが、スミは死んだはず。それを聞いた少女はスミを取りもどさないと自分が消えてしまうと訴えた。そこで友だち4人がスミを取りもどすべく死者...
天空の覇戦 (2) 本土迎撃戦! (RYU NOVELS)

天空の覇戦 (2) 本土迎撃戦! (RYU NOVELS)

経済界(2019年03月11日)マリアナ諸島が米軍の手に落ちたことで、本土が焼け野原になるのを阻止するためB29対策が 深刻な問題となった。海軍は空技廠を中心に軍・民・学の総力を集めて、ターボジェット発動機を 搭載した戦闘機開発に邁進。本土防衛の切り札となる震電戦闘機隊が誕生した。 昭和20年2月10日、父島監視哨が100機を超えるB29の大編隊を捉えた。出撃した...
カムパネルラ (創元SF文庫)

カムパネルラ (創元SF文庫)

東京創元社(2019年02月28日)16歳のぼくを置いて母は逝った。宮沢賢治研究に生涯を捧げた母は、否定されている『銀河鉄道の夜』の第四次改稿版の存在を主張していた。花巻へ散骨に訪れたぼくは、気がつくと、昭和8年、賢治が亡くなる2日前にいた。辿り着いた賢治の家でぼくを迎えたのは、早逝したはずの妹トシと、彼女の娘「さそり」だった。永遠に改稿され続ける小説、花巻を闊歩する...
ビースト・ゲート 生命体の開拓者

ビースト・ゲート 生命体の開拓者

みらいパブリッシング(2019年02月28日)